日本の銀行は10年以上取引がなく残高1万円未満の口座を休眠扱いとするらしい!

最近、日本の銀行口座の休眠口座の取り扱いに関するニュースを見聞きする事が多い。

どのようなケースで休眠口座となってしまうのだろうか?

1年に1回は資産の棚卸をして休眠口座になってしまう事を防ごう!

日本の銀行で休眠になってしまうケースは、上手く相続がされなかったケースや、引っ越しなどにより放置したケースが多いようだ。

銀行では10年以上取引がなく、残高1万円未満の口座を自動的に休眠扱いとしているとの事。

残高1万以上の場合、連絡を取ってみて対応を決めるようだが、連絡が取れなければ、幽霊口座となってしまうのだろうか?

そんな休眠口座の残高は700億円にもなるそうだ。

塵も積もれば山となる。

商法では、最後の取引から5年が経過した時点で預金者は財産権を失うと定められているので、10年待ってくれる日本の銀行は優しさがあるのかもしれない。

(銀行サイドは余計なコストを掛けていると言えなくもない。)

1万円未満のお金であればそれほど深く考えないと思うが、命の次に大事な自分の資産であれば、休眠口座にさせる事はないだろう。

また、命の次に大事なお金をリスクが高い日本の銀行口座に入れておくこともないだろう。

海外の銀行を活用してリスク分散する事が必須になるが、海外の銀行では1年に1回以上資産の移動がないと休眠口座になってしまう。

日本の銀行と比較して厳しいと感じるかもしれないが、1年に1回は資産の棚卸を行うと考えれば、ちょうどいいタイミングだと思う。

そもそも、1年以上も放置していたらその存在を忘れてしまうので、1年でも5年でも10年でも同じことだろう。

私のLINE@ではHSBC香港の口座が凍結しないように、年に1回は忘れずに資産を動かす事を案内しているので、良かったら活用してもらいたい。

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください