50代サラリーマンの為の資産運用口座!退職金活用や次世代への継承も視野に入れた資産運用を考えましょう!

2018/8/15(水)-17(金)東京、8/17(金)-20(月)愛知にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!
2018/9/8(土)-10(月)福岡にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!

定年の延長が考えられている日本社会だが、サラリーマンの方は60歳定年が多いと思う。

60歳で現役を引退して、退職金をどのように活用するかは50代で考えなくてはならない?

50代の方は老後と共に次世代への資産継承を考えた資産運用を!

退職金を老後資金にと考えている人は多いと思う。

だが、退職金をただ単に食いつぶしているだけでは、どこかの時点で資金がショートしてしまう可能性が高い。

そして、退職金をもらってからそのお金を資産運用にと思っても、ちょっと遅い。

資産が増えるまでには時間がかかるので、早めに始めておかなければならない。

50代から始めて60歳で終わるのは時間が短すぎるのだが、退職金の金額も計算に入れて、短くても10年から15年くらいのスパンで資産運用をすべきである。

50歳で15年間、55歳で10年間と考えれば65歳までとなる。

 

また、家族がいるのであれば次世代への資産継承も考えなくてはならないだろう。

日本ではないのだが、海外であれば”共有名義”で銀行口座が開設出来たり、金融商品を契約できる。

多くの場合、契約できるのは18歳以上となっているので、お子さんが18歳以上となっていれば共有名義にして資産運用を考える事をお勧めしたい。

今現在は18歳未満だったとしても、18歳になった段階で名義を追加する事もできる。

 

そもそも、日本国内で資産運用を行おうにも有用な投資商品は存在しない。

ならば、海外も視野に入れた資産運用を考えた方が良いだろう。

お子さんへの資産継承を考えた時、将来的な事も考えれば、日本国内・日本円だけでお金を遺すのではなく、海外で外貨で遺してあげた方がよいはずだ。

将来は、今より世界はもっともっと近くなっているはずだ。

日本だけで資産運用を考える時代では無くなっている。

 

*ご質問はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください