HSBC香港の口座開設は抜き打ちでマネージャ―テストがある⁉

2018年12月10,11日in東京!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

年々口座開設が厳しくなっているHSBC香港。

一昔前は郵送でも口座開設可能であったり通訳者が同席しても大丈夫だったが、今は香港の窓口に出向いて本人が口座開設手続きを行わなければならない時代となった。

HSBC香港口座開設、厳しい時にはマネージャーの抜き打ちテストもある⁉

HSBC香港の口座開設は、英文の住所証明書などの必要書類を持って、現地の窓口(ブース)で英語か広東語で会話をする事によって行われる。

もちろん、これは最低限必要な基本的な事であって、書類が揃っていたり会話ができれば100%口座開設ができるという訳ではない。

行員が納得する口座開設の目的でなければ断れるケースもあるだろうし、そもそもいきなりフラッと銀行を訪れて口座開設をお願いすると、上手くいかないケースが多い。

銀行全体や支店、行員のスケジュールやノルマがあり、それを邪魔されるようなタイミングで銀行を訪れると、そもそも口座開設は難しくなってしまう。

この当たりは日本の銀行とちょっと感覚が異なり、行員優先で動きが決まる。

ノルマと言っても新規の口座開設数だけでなく、HSBC香港が扱っている金融商品なども含まれる。

全体のノルマを考えてだろうか、稀に口座開設でマネージャーチェックが入る事があるらしい。

行員がOKを出したとしても、マネージャーの意に添わなかったら口座開設は破棄となってしまう。

これまでは行員対策としての語学力が求められたが、今後は対マネージャーも視野に入れた語学力・対応力が必要になってくる。

こうした情報などは現地情報に精通した業者が一番詳しい。

その時その時で口座開設しやすい支店も変わってくるので、確実にHSBC香港の口座開設をしたいのであれば、有料ではあるが、こうした業者を利用した方が賢明だ。

 

*ご質問はこちらから。

 

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください