海外積立年金の正規代理店は日本にはない!香港やシンガポールの金融当局に登録された会社で契約しよう!

2018/07/18

2019年9月28日(日)大阪で【オフショア師匠の裏話お茶会】を開催します!
詳細はこちら!?⇒ 希望者はどうぞ。

海外積立年金、セミナーや友人・知人など個人からの紹介で知る人が多いと思う。

日本の年金構造を考えれば、海外を利用するのは良いアイデアだ。

しかし、海外積立年金の正規代理店は日本には無いので要注意!

海外積立年金の契約は正規代理店で直接契約しよう!

海外積立年金はマン島のRL360°(旧名ロイヤルロンドン)やケイマン島のInvestors Trust(インベスターズトラスト)等が有名だ。

これらの商品は日本の金融庁に登録されていないので、日本国内で勧誘や営業ができない。

その為、日本国内の会社や個人が正規代理店に成り得る事はない。

こうした海外の金融商品は香港やシンガポールにあるIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる会社が正規代理店となる。

海外積立年金のプロバイダー ― IFA ― クライアント(顧客)

(RL360°やInvestors Trustがプロバイダーとなる。)

正規代理店は契約から事後サポートを受け持つ会社で、海外積立年金はIFAと直接契約する必要がある。

セミナーや友人知人から海外積立年金を知ったとしても、日本の法律上、こうした人たちが契約に関わる事はできない。

また、長く続く契約中、変わらずにサポートしてくれるとは言い難い。

正規代理店であるIFAは香港やシンガポールの金融当局に登録された会社であり、登録状況は各々のサイトで確認できる。

金融庁は、香港であればSecurities & Futures Commission of Hong Kong(通称SFC)であり、シンガポールであればMonetary Authority of Singapore(通称MAS)である。

各々のホームページ内に登録業者をチェックできる検索サイトが用意されている。

☆香港SFC ⇒ Public Register of Licensed Persons and Registered Institutions
☆シンガポールMAS ⇒ Financial Institutions Directory

日本の金融状況を危惧し、海外積立年金に目を向けるのは良い考えだが、正しいルートで契約しなければ後々痛い目に遭ってしまう。

海外積立年金で成功するにはIFA選びに尽きると言われるほど、IFAの選択は重要なポイントなのだ。

 

ご質問やIFAの紹介依頼はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link