シンガポールが2025年に小切手廃止&ATMの現金引き出しを減らす⁉電子決済へのシフトが加速か?

シンガポール通貨庁のトップが2025年に小切手を廃止する事と、現金自動預払機(ATM)での現金引き出しを減らす方針だと発言した。

電子決済へ移行したい考えがあるようだ。

詳細はこちらから ⇒ シンガポールは25年までに小切手廃止、現金引き出しも減らす

オフショア投資で将来の引き出し方法を把握する為の方法とは?

日本人は小切手に馴染みがない人が多いと思うが、例えばオフショア投資で満期引き出しの際は、銀行への送金以外に小切手で受け取るという方法も選択できる。

小切手は紙であるが、シンガポールはこうしたアナログな方法から電子決済へとシフトしたい考えがあるようだ。

ATMでの現金引き出しを減らすというのは、1回や1日当たりの引き出し上限を引き下げていくのかもしれない。

今後、シンガポールだけでなく世界的にもこうした流れが加速していく事だろう。

日本がこの波に乗るのは遅いと思われるが、先述したようにオフショア投資を行っている人は将来的な引き出し方法が変わっていくかもしれない。

現時点でどのようになっていくかは予想する事しかできず、多くの人が満期を迎えるのは10年、20年先となるので考えすぎても意味がない。

ポイントなるのは、10年、20年先でも対応してくれる正規代理店と付き合っているかどうかという事だ。

日本人に対してもしっかりとサポートをしてくれる正規代理店であれば、その時その時に応じたベストな引き出し方法を提示してくれる。

逆に、サポートが杜撰なところであれば問題が生じてしまう事だろう。

引き出しに応じてくれない・・・そもそも連絡が繋がらない・・・etc

こうした事態にならない為に、オフショア投資はサポートがしっかりとした会社でお世話になる事が重要となってくるのである!

 

*ご質問はこちらから。

 

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください