海外積立年金のおすすめは?日本人が契約できる商品は限定されている!

2018/8/15(水)-17(金)東京、8/17(金)-20(月)愛知にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!
2018/9/8(土)-10(月)福岡にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!

日本の年金問題にしっかりと向き合っている人はどんな対策(資産運用)を行えば良いかと考える。

考えた結果、海外の金融商品に目を向ける人も多いはずだ。

だが、海外積立年金で日本人が加入できる商品は限られているので、行動は急いだ方が良い。

日本人が加入できる海外積立年金は年々減少している!

海外積立年金について調べていると、RL360°(ロイヤルロンドン360°)とInvestors Trust(インベスターズトラスト)の2社の名前が出てくると思う。

この2社以外には無いの?と思うかもしれないが、海外の保険会社などが提供する海外積立年金は、ここ数年の間に日本人の受け入れを停止にした会社が多い。

プロバイダー 備考
2009年 zurichlife
2009年 AVIVA
2012年 Frineds Provident
2014年 Hansard
2017年 RL360° 一部契約可能

RL360°で一部契約可能となっているが、世界的に販売されているWL(Whole Life)と呼ばれる死亡時に時価総額の101%で返金される商品は日本人は契約できなくなり、CR(Capital Redemption)と呼ばれる商品だけが契約できるようになっている。

RL360°(旧名ロイヤルロンドン360°) Quantum(クォンタム)CRの特徴は?

視点を変えて日本人が契約できる商品にはどんなものがあるかと言えば、このRL360°のCRタイプとInvestors Trust(インベスターズトラスト)社のEvolutionかS&P500Indexしかない。

なぜ日本人がここまで海外積立年金のプロバイダー(提供会社)から嫌われているかと言えば、日本人のマネーリテラシーが低い事や金融庁の圧力があったからと言われている。

日本人が加入できるお勧めの海外積立年金のプロバイダーは2社しかないが、この2社もいつまで日本人を受け入れてくれるか分からない。

老後資金の構築を考えている人は、早く行動を起こすべきなのだ。

 

ご質問や海外積立年金の正規代理店の紹介依頼はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください