コミュニケーション能力が高い人ほどオフショア投資でも失敗しない確率が高いと感じる!

2018年10月5,8,9日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!
2018年11月9,10日in沖縄!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

学校でも職場でも、コミュニケーション能力が高い人は秀でた存在と成り得る。

オフショア投資においても、コミュニケーション能力が高い人の方が失敗しないのではないかと感じる。

オフショア投資はコミュニケーションが取れる正規代理店の選定が大きなポイントとなる!

コミュニケーション能力と聞くと、挨拶がしっかりと出来たり、明るく会話出来たり、はたまた敬語の使い方を知っている人をイメージしてしまうが、それは基本的な部分の話だと思う。

そうした部分は当たり前として、例えば質問力が高かったり、相手が求めている回答を先回りして出せる人がコミュニケーション能力が高いのだと感じる。

学校や職場はもちろんの事、オフショア投資でもこのスキルが高い人の方が成功に近づくはずだ。

それは何故なら、同じくコミュニケーション能力が高い正規代理店を選定できるはずだから。

オフショア投資は海外の商品であるが故に、日本人を受け入れている正規代理店を選定する必要がある。

日本人を受け入れている正規代理店となれば、日本人スタッフがいるはずだ。

英語に問題が無ければ日本人スタッフがいなくても良いのでは?と思うかもしれないが、日本の金融に関する法律に詳しい正規代理店でなければならないので、日本人スタッフがいる正規代理店を選定した方が望ましい。

オフショア投資でコミュニケーションが取れる正規代理店と言うのは、法律はもちろん、金融に詳しい正規代理店を選んで、クライアントが欲する情報を提供してくれる必要がある。

コミュニケーション能力が高ければ、こうした能力がある正規代理店を選定する能力も同時に持っているはずだ。

逆にコミュニケーション能力が低いと、知らず知らずのうちに良く分からない紹介者を挟んで契約してしまい、正規代理店に直接質問する事すらできなくなっていく。

紹介者とも連絡が取れなくなり、気付けばどうやって対処すればいいか分からない投資難民へと変貌してしまう。

間に紹介者を挟むケースがあるようだが、間に介在する会社や人が多ければ多いほど情報は上手く伝達しなくなっていく。

伝言ゲームを想像してもらえば分かる通りだ。

同時に責任の所在も曖昧になってしまうので、オフショア投資は直接コミュニケーションが取れる正規代理店を選定する能力が必要なのである。

 

⇒ご質問等はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください