RL360°(旧名ロイヤルロンドン)の契約にはマイナンバーが必要だがビビる事は全くない!

2019年8月12日愛知、17日東京で【オフショア師匠の裏話お茶会】を開催します!
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年8月12日~18日in愛知・東京!個別相談・面談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年9月7日~12日in香港!IFA紹介・HSBC香港口座開設・会食希望etc
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。

RL360°(アールエルサンロクマル、旧名ロイヤルロンドン)を契約する際には、マイナンバーを記入しなくてはならない。

マイナンバーと聞くとドキっとする人もいるかもしれないが、恐れる必要は全くない。

RL360°に限らず世界の金融関係の書類には納税者番号の記入欄があるのが一般的!

日本でマイナンバー制度が施行されたのは平成28年(2016年)1月から。

それまで日本にはなかった制度であるが、世界的には納税者番号が付与されている国や地域が多い。

その為、以前からRL360°の契約書類には納税者番号の記入欄があった。

しかし、日本人は当該番号が無かったので記入を求められなかっただけである。

RL360°に限らず、例えばHSBC香港などの銀行口座開設時にもマイナンバーの記入を求められる。

世界的には一般的な事なのだ。

日本人だから書かされるわけでもなく、日本人用に特別に記入欄が設けられている訳でもない。

また、記入したからといって、データが直接日本に送られる訳ではない。

ただし、日本で脱税の疑いがあったりすれば、マイナンバーを基に海外政府や金融機関に調査をお願いする事になるだろう。

マイナンバー制度の施行により、以前と比較してスムーズに調査が進みデータの照合が行われる事になるはずだ。

だからと言ってビビる事はない。

日本で普通に生活し普通に納税していたら、調査対象になる事はない。

世界のデータが自動的に集まってくるシステムではないので、怪しい事を行っていなければ良いだけの話。

日本人が海外の金融商品を購入するのは違法ではなく、RL360°は解約や満期で引き出しするまでは課税対象にはならない。

ポイントは、こうした法律に詳しい正規代理店を選定して契約を行う事。

RL360°で課税対象となるのは数年、十数年と先になるはずなので、それまでしっかりとサポートしてくれる正規代理店である事も重要だ。

 

⇒ご質問等はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link