RL360°(旧名ロイヤルロンドン)はどのように評価されてる?1861年に設立された歴史あり信頼性の高い会社!

2018年12月10,11日in東京!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

日本人が契約できる数少ないオフショア積立投資商品を提供しているマン島籍のRL360°(旧名ロイヤルロンドン)は、客観的に見てどのように評価できるのだろうか?

RL360°は信頼に足る会社である!

インターネットを見るとRL360°の事が有象無象に色々と書かれている。

客観的に見て、RL360°が評価できる会社なのかどうかをチェックしてみたい。

RL360°は、その前身の会社が1861年にRoyal London Group(ロイヤルロンドングループ)の傘下として誕生した。

その後、買収を繰り返しながら今ではグループ連結での運用資産は80億ポンド、保険契約者は6万人以上、そして160ヶ国に顧客がいるグローバルな会社となっている。

格付け評価は、Standard&Poor’sがAA-、Moody’sがA2となっている。

そして、イギリスの金融コンサルティング会社 AKGの評価は、B+。

各々2番目の格付けとなっていて、国際的な生命保険会社としては申し分ない評価となっている。

世界的に見ても大きな会社であり、何より150年以上の歴史がある会社である事がRL360°が信頼できるポイント。

日本でいえば江戸時代末期から経営をしている会社である。

問題があるような会社がここまで長くビジネスを継続できるはずがない。

 

インターネット上のRL360°の評価を見ていると、会社自体を問題視する人はいない。

問題としているのはRL360°を紹介している人たちが知識が無かったりする為に正しく契約出来ていない点だ。

この問題はRL360°に限った話ではなく、他のオフショア投資商品にも共通して言える。

(RL360°だけを必死に叩いている人は他の商品への導線を作っている事があるので要注意。)

RL360°等のオフショア金融商品は海外にある正規代理店を通して契約する事になる。

日本の金融庁に登録されていない金融商品は、日本国内での勧誘・営業・販売行為が禁止されているので、そもそも間に人を挟んで契約するものではない。

海外にある正規代理店に直接連絡をして契約しなくてはならないのだ。

RL360°も直接正規代理店と契約すれば、信頼に足るRL360°を安心して契約する事ができるのだ。

日本人スタッフがいて日本人を受け入れている正規代理店ももちろんある。

RL360°に興味がある人は正しいルートで契約するようにしてもらいたい。

 

⇒ご質問はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください