海外オフショア投資最大のリスクとは?長期契約でサポートを受けられなくなるのが一番痛い!

海外オフショア投資は、日本にいながらクレジットカードを使い海外に資産を構築していける有用な商品である。

リスクは全くないかと言えば、もちろんそんな事は無い。

海外オフショア投資で一番のリスクはサポートを受けられなくなる事!

海外オフショア投資でリスクは何ですか?と質問したら、多くの人は為替リスクやファンド下落リスクと答えるだろう。

為替リスクもファンド下落リスクも当然あるのだが、こうしたリスクは長期で積立投資を行う事で軽減する事ができる。

長期的に持っていればドルコスト平均法が効いてくるからだ。

私が思う一番のリスクはこうした下落りすくではなく、サポートが受けられなくなる事、これに尽きる。

海外の商品であるが故にサポートはとても重要である。

香港やシンガポールに登録されている正規代理店であるIFA(Independent Financial Adviser)が本来は契約からアフターサポートまでを担うはずであるが、特に日本人に対しては「紹介者」にサポートを丸投げしているケースが多い。

こうした「紹介者」、長期契約の最後まで面倒を見てくれるケースは少なく、どこかで連絡が取れなくなってしまう事がほとんどだ。

出会った紹介者が孫請けなどであると、商品概要もしっかりと把握できなくなる事も含めて、リスクが高まる。

オフショア投資はIFAの移管(変更)もできるのだが、移管先が受け入れてくれるかどうかは受け入れ先によるので、やはりスタートでの契約方法が一番重要となる。

紹介者と連絡が取れない、移管先もないという状況になったら、対処のしようがなく残念な事になってしまう。

これがオフショア投資最大のリスクと言える。

このリスクを回避する為には、自社でしっかりとサポートしてくれるIFAと直接契約しておけば良い。

オフショア投資はプロバイダー・商品よりもIFA選びが重要とはよく言われる事であるが、それはイコール、最大のリスクを回避する事に繋がるのである。

 

ご質問等はこちらから。

 

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください