オフショア積立投資お勧めの保険会社とは?日本人が契約できるプロバイダーは限定されている!

2018年12月30日~2019年1月6日in愛知!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

オフショア積立投資に興味があって、お勧めの保険会社はどこですか?と質問があった。

世界には多くの保険会社があって、保険会社が提供している積立投資商品もたくさんあるのだが、日本居住の日本人が契約できる商品となると限定されてしまう。

オフショア積立投資商品を提供しているお勧めの保険会社はRL360°とInvestors Trustの2社!

日本でもそうだが、海外オフショア籍の保険会社も年金商品、貯蓄商品を提供している。

Saving Planと呼ばれているが、お勧めの保険会社の前に、日本人が契約できる会社自体が香港籍のSun Life(サンライフ)社、マン島籍のRL360°社(アールエルスリーシックスティ、旧名ロイヤルロンドン)、ケイマン島籍のInvestors Trust(インベスターズトラスト)社の3社しかない。

香港籍のSun Life社は魅力ある生命保険を提供している会社で日本人にも有名であるが、実はSunArchitect(サン アーキテクト)という積立投資商品も提供している。

しかしながら、SunArchitectには一般的なSaving Planで設定できる共有名義の設定が出来ないのでお勧めし辛い。

なので、積立投資商品を提供しているお勧めの保険会社と問われれば、RL360°かInvestors Trustとなるのだ。

RL360°クォンタムとインベスターズトラストのエボリューション、オフショア積立投資商品を比較してみた結果、契約するならどっち?

本当にオフショア生命保険会社が提供する積立投資商品に興味があるならば、行動は早くした方が良い。

オフショア生命保険会社は日本市場から定期的に撤退している。

撤退年 プロバイダー
2009年 zurichlife
2009年 AVIVA
2012年 Frineds Provident
2014年 Hansard

具体的な理由な明らかにされていないが、日本人の金融リテラシーの低さに対して費用対効果が合わないから撤退したのでは?と予想している人が多い。

予想が合っているにしろ間違っているにしろ、撤退したオフショア生命保険会社があるのは間違いのない事実。

日本人が契約できるオフショア積立投資商品は限られていて、そうした会社もいつ日本市場から撤退するか分からないので、契約したい人はお早めに。

 

ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★ https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!をポチっとしてもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください