インベスターズトラストの証券発行地は?ケイマン諸島/マレーシア・ラブアン/プエルトリコ!

2019/02/01

2019年8月12日愛知、17日東京で【オフショア師匠の裏話お茶会】を開催します!
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年8月12日~18日in愛知・東京!個別相談・面談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年9月7日~12日in香港!IFA紹介・HSBC香港口座開設・会食希望etc
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。

インベスターズトラスト(Investors Trust)社はケイマン諸島に籍を置く会社である。

証券自体はケイマン諸島だけからでなく、マレーシア・ラブアンからも発行されていたが、そこにプエルトリコも加わるようだ。

日本人がインベスターズトラストを新規契約すると、プエルトリコで発行された証券となる!

インベスターズトラスト社はケイマン諸島に籍がある会社で、日本人が契約するとケイマン諸島で発行された証券が発行された。

しかし、今後は日本人が新規契約するとケイマン諸島ではなくプエルトリコから証券が発行される事になるようだ。

もちろん、会社自体はケイマン諸島から変更になる訳ではない。

この変更は2019年2月中に行われるようだが、既にケイマン諸島の証券で契約済みの方が何かアクションを起こす必要性もなく、ケイマン諸島の証券はそのまま契約を維持できる。

 

証券発行地となるプエルトリコ。

Wikipediaを見てみたら、以下のように書かれている。

プエルトリコ自治連邦区(プエルトリコじちれんぽうく、Estado Libre Asociado de Puerto Rico)、通称プエルトリコ(Puerto Rico)は、カリブ海北東に位置するアメリカ合衆国の自治的・未編入領域であり、コモンウェルスという政治的地位にある。

プエルトリコは独立した国だと思っていたらそうではなく、アメリカ合衆国領だった。

オリンピックなどの世界的なスポーツ大会で「国や地域」と表現される事があるが、プエルトリコは地域に当たることになる。

つまりは、プエルトリコ発行の証券は広義に捉えればアメリカ発行の証券と言える。

アメリカと言えば、CRSに参加していない国である。

日本でマイナンバーが適用されて以降、海外の金融商品の契約や銀行口座開設をする際にマイナンバーの記入が求められるようになった。

これは、特に日本人だから記入が強制されるという事ではなく、元々TAX IDを記入する欄があったのだが、マイナンバー施行前は日本人には該当する番号が無かったので書かなくても良かっただけである。

マイナンバーを記入するとCRSにより情報が共有されるのでは?と思い記入を嫌がる人もいるようだが、アメリカ領のプエルトリコ発行の証券であれば、CRS未加入なので情報が共有されることはない。

インベスターズトラスト社はCRSを考慮して、証券発行地にプエルトリコを加えたのかなと思う。

 

☆ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link