プエルトリコってどんな国?インベスターズトラストが証券発行地にする理由とは?

2019/02/04

2019年8月12日愛知、17日東京で【オフショア師匠の裏話お茶会】を開催します!
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年8月12日~18日in愛知・東京!個別相談・面談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年9月7日~12日in香港!IFA紹介・HSBC香港口座開設・会食希望etc
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。

イベスターズトラストの証券発行地の一つプエルトリコ。

どんな国(地域)なのかが気になったので調べてみた。

プエルトリコは米国自治連邦区!

私は野球が好きなのだが、野球好きな人であればぺエルトリコと聞いて野球をイメージするのではないだろうか?

2013、2017年と2大会連続してWBC準優勝に輝いている野球大国。

カリブ海に浮かぶ島国で、同じく野球大国のキューバやドミニカ共和国が近くにある。

また、地図を拡大していくと、キューバの南側にケイマン諸島があるのが確認できる。

プエルトリコの野球選手としては強肩強打の捕手、ヤディアー・モリーナが最近では有名であるが、オールドファンには大洋ホエールズで活躍したカルロス・ポンセは知っている選手ではないかと思う。

口髭がトレードマークで、マリオのような風貌で活躍した選手と言えば思い出す人もいることだろう。

こうした選手のWikipedeiaを見ると、出身地はプエルトリコになっているものの、国籍はアメリカ合衆国になっている。

 

プエルトリコは1493年11月19日、コロンブスによって発見され18世紀まではスペインの植民地だったそうだ。

19世紀後半になると独立運動が起こり、1898年3月にスペイン側の合意によって自治が認められ、自治政府が成立。

しかし、米西戦争により8月にはアメリカ軍にプエルトリコは占領されてしまう。

戦後、プエルトリコはパリ条約によりアメリカ合衆国の領土となり、1900年7月にプエルトリコ民政府が成立。

プエルトリコの自治政府は解体となり、プエルトリコが独立した自治政府を持っていたのは1年強の短い期間しかなかったことが分かる。

現在のプエルトリコは、米国自治連邦区(commonwealth(コモンウェルス))と言う立場になっている。

住民はアメリカ国籍を保有する。

しかし、合衆国連邦での納税義務を持たず大統領選挙の投票権もない。

だが、合衆国下院に本会議での採決権を持たない代表者を1人送り出すことが認められている。

 

プエルトリコは独立した国のように見えるが、正式にはアメリカ合衆国領であり、大統領はドナルド・トランプ。

上に載せた地図の左上にもプエルトリコという文字の下にアメリカ合衆国と書かれている。

プエルトリコはアメリカ合衆国51番目の州と呼ばれる事もある。

そんなアメリカ合衆国、CRSに参加していない。

ケイマン諸島に籍を置くインベスターズトラスト社が、同じカリブ海にあるプエルトリコを証券発行地に加えたのは、「アメリカ合衆国がCRS不参加」というのがポイントではないかと予想される。

 

☆ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link