オフショア投資商品は契約者の国籍・居住地、金融商品の登録地・証券発行地で契約方法が異なる!

2019年9月28日(日)大阪で【オフショア師匠の裏話お茶会】を開催します!
詳細はこちら!?⇒ 希望者はどうぞ。

日本と比較して利回り良く優れた商品が多いオフショア金融商品。

だが、日本人が契約できないことが多い。

正確にいうと、日本居住者だと契約できない事が多い。

オフショア金融商品は国籍や居住地で契約できるか否かが異なってくる!

オフショア金融商品、度々日本人の受け入れ禁止と通告されるが、正確に言えば日本居住者が契約NGとなっている事がほとんどだ。

日本人でなくても日本居住(日本の住所)だと外国人でも契約できなくなっているケースが多い。

また、日本人であっても海外に移住や駐在していて、海外に証明できる住所を持っているのであれば、契約できる商品もあったりする。

オフショア投資商品は登録地・証券発行地の法律だけでなく、契約者が居住している国や地域の法律を加味して契約ルールを作っているからだ。

日本の金融は法律で縛られている部分が多く、その為に日本居住の場合は契約できない商品が多くなっている。

また、国籍に対応して契約できるか否かが決まったり契約方法が異なってくるケースもある。

例えばアメリカ国籍だと、居住地関係なく契約が縛られるケースがある。

これは、アメリカが属人主義を取っている事と、アメリカと言う国がオフショアを好んでいない背景があるからだと思われる。

 

こうした契約ルールはオフショア金融商品を提供している保険会社や具体的な商品によって異なってくる。

興味がある商品があれば、その商品を扱っている正規代理店に話を聞き契約をお願いする事になるが、その際にその商品の登録地・商品発行地と自分の国籍・居住地に関する法律に詳しい正規代理店を選定する事がポイントとなってくる。

また、契約後にも法律や契約ルールが変更になる事も考えられるが、そうした変化に対してしっかりとアフターサポートしてくれる正規代理店でなければ契約後も安心はできない。

 

☆ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link