RL360°新商品Regular Savings Plan(RSP)!QUANTUMとの相違点まとめ!

2019年4月5日~6日in広島!オフショア投資の相談などある方はいらっしゃいますか?
詳細はこちらから! ⇒ 相談希望者はどうぞ。
2019年4月18日~20日in熊本・福岡!オフショア投資の相談などある方はいらっしゃいますか?
詳細はこちらから! ⇒ 相談希望者はどうぞ。

RL360°(アールエルスリーシックスティ、旧名ロイヤルロンドン)の積立型投資商品、2019年4月1日から新商品への切り替えが行われるようだ。

RL360°新商品Regular Savings Plan(PSP)!QUANTUMとの相違点①共有名義での加入年齢!

RL360°の積立型投資商品は、QUANTUMからRegular Savings Plan(RSP)へと変更となる。

QUANTUM契約者は特に何の手続きもなく、今まで通りの契約内容で継続が可能だ。

QUANTUMとRSPで何が変わるのか?

オフショア積み立て投資商品としての大枠は同じであるが、大きく2つの変更点がポイントになると思う。

一つは共有名義での加入年齢。

QUANTUMもRSPも満期時が70歳まで契約可能となっている。

40歳以下であれば30年契約まで可能であるが、65歳であれば5年契約しかできない。

そして、海外のこうした商品は共有名義を設定できるのだが、QUANTUMとRSPでは共有名義の際の契約期間の考え方が変更になるようだ。

共有名義にする際、QUANTUMは年齢の低い人を基準にしていたが、RSPでは年齢の高い方が基準となる。

例えば、65歳の人が40歳の息子と共有名義で契約する際、QUANTUMでは30年契約までできたが、RSPでは5年契約までしかできなくなる。

RL360°新商品Regular Savings Plan(PSP)!QUANTUMの相違点②契約者死亡時の取り扱い!

RL360°が日本居住者に提供しているのは生命保険が付いていないCR(Capital Rdemption)と呼ばれる商品である。

QUANTUMでもRSPでもCR。

ただし、死亡時の取り扱いに変更が生じるようだ。

QUANTUMの場合、契約者が満期前に亡くなった場合、そのまま誰かが商品を引き継ぐか解約という選択になる。

毎月の積立を継続して支払えるだけの商品理解者であり、支払い能力がある人でないと引き継ぎできないので、解約するケースが多いのかなと思う。

解約の場合、返戻金としてRL360°が設定した割合で金額を受け取ることになる。

契約残存期間によって解約返戻金は異なってくるが、残存期間が長ければ長いほど解約返戻金で受け取れる金額は少なくなる。

一方、RSPの場合、そのまま誰かが引き継ぐこともできるが、死亡から3ヶ月以内に申請すれば、契約残存期間に関係なく、時価総額の100%で受け取ることもできる。

どちらにしても、受取人の設定(信託受益者)をしっかりとしておく必要がある。

 

QUANTUMが良いかRSPが良いかは人それぞれであるが、どちらにしても商品概要をしっかりと理解していてサポート力のある正規代理店と契約することがポイントとなる。

共有名義を設定するのであれば、下の代までサポートをしっかりとしてくれなければならないし、亡くなった時にもスムーズに対応してくれる能力がある正規代理店を選定するのがポイントとなってくる。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★ https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!をポチっとしてもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください