ロシア、セルビア、タイetcのIFA?その国や地域はオフショア金融センターですか?

2019年8月12日愛知、17日東京で【オフショア師匠の裏話お茶会】を開催します!
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年8月12日~18日in愛知・東京!個別相談・面談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年9月7日~12日in香港!IFA紹介・HSBC香港口座開設・会食希望etc
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。

海外の生命保険や年金プランなどはIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる正規代理店を通して契約する事になる。

日本人の場合、日本から一番近いオフショアである香港のIFAを通して契約している人が最も多いと思われる。

IFAはオフショア金融センターの国や地域を選ぶべし!

海外投資はオフショア金融センターにあるIFAと契約すべきであるが、オフショアって何?オフショア金融センターとは何?という人については以下のコンテンツを参照してもらいたい。

オフショア投資ってどんな意味?タックスヘイブンとはどう違う?

オフショア金融センターとは!日本人が活用しやすいのは香港!

具体的に以下の国や地域がオフショア金融センターと言われている。

アジア
香港、シンガポール、ラブアン島
ヨーロッパ
マン島、スイス、モナコ、ルクセンブルグ、リヒテンシュタイン、ジブラルタル、アンドラ、ダブリン、オルダニー島、ガンジー島、ジャージー島、マディラ島
カリブ海・中央アメリカ
ケイマン諸島、ヴァージン諸島、アルバ島、アングイラ島、アンディグア、カイコス諸島、アンティル諸島、タークス諸島、バハマ、バルバトス、モントセトラ島、ネピス、パナマ、ベリーズ、バミューダ諸島、
中近東・地中海
ドバイ、バーレーン、キブロス島、マルタ島
オセアニア
クック諸島、西サモア、バヌアツ

こうした国や地域の中で、IFAは以下の条件で選ぶことがポイントとなってくる

◆実際に渡航できる距離にある国や地域にある事
◆その国や地域の金融当局に登録されている事
◆その国や地域、そして日本の法律に詳しい事
◆金融商品の知識に長けている事
◆直接サポートしてくれる事

だが、最近はロシアやセルビアなど良く分からない国のIFAと名乗る会社や、そうした会社を紹介する人がいるようだ。

金融立国という意味ではマイナー過ぎる。

ロシアは元々社会主義国であるし、セルビアは2006年に独立した新しい国。

経済が安定しているとは言い難く、自分の大事なお金を預ける事はできない。

また、一昔前から何故かタイを拠点にしているIFAもあったりする。

香港で活動できない会社がタイを選択するケースがあるようだが、その時点で疑問である。

こうした、オフショア金融センターではない国や地域で海外投資を行うとリスクが高いので全くお勧めできない。

海外の人を受け入れるだけの法整備が整っている訳ではなく、特に日本人・日本居住者と言う観点でいえば、受け入れ体制・環境が整備されているとは言えない。

日本から最も近いオフショア金融センターである香港は、長く金融立国として成り立っているので法整備が整っている。

また、日本人を含め多くの海外居住者を受け入れてきた事から、日本人にとっても安心できる地域と言える。

(香港であっても、どのIFAを選ぶかは最重要!)

もちろん、日本もオフショア金融センターではない。

日本国内で紹介者を挟んで契約する人がいるようだが、オフショア金融センターではない日本に住む日本人を間に挟むこともリスクである。

海外投資に興味がある方は、オフショア金融センターにあるIFAに直接連絡して契約しなくてはならないのだ。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link