日本人を受け入れている香港保険会社ランキング!純粋な生保で考えると1社のみ!

金融立国である香港。

優れた金融商品も多く、日本とは比較にならないほどの利回りで運用されている商品もたくさんある。

そんな香港で日本人を受け入れている保険会社を勝手にランキングしてみた。

だが、日本人を受け入れている香港の保険会社、ランキングできるほどの数がない。

純粋な生命保険を提供していて、日本人を受け入れている香港の保険会社は1社しかない!

香港にはとても多くの保険会社がある。

日本でもお馴染みのzurichlife(チューリッヒ)やAXA(アクサ)、Mass Mutual(マスミューチュアル)なども香港で活動している。

こうした会社が提供している生命保険、日本で上市されている商品とは全く異なるものとなっている。

しかし、日本に進出しているこうした保険会社の場合、日本居住者は香港などの海外版を契約する事はできない。

担当エリアの問題があるのだろう。

香港のzurichlifeは日本居住者を以前は受け入れていたのだが、2009年に日本居住者の受け入れを停止している。

日本人を受け入れている香港保険会社ランキングを発表しよう!

1位 Sun Life Financial

これで終了である。

日本人を受け入れている保険会社はSun Life(サンライフ)以外にFTLife(エフティライフ)やStandard Life(スタンダードライフ)などもあるのだが、この2社は純粋な生命保険の商品を提供している訳ではない。

Saving Plan(貯蓄性商品)に死亡保障を付けているだけであるので、保険会社ランキングという視点からいくと、違うのかなと思う。

FTLifeやStandard Lifeが悪いという意味ではなく、保険会社のランキングを知りたい人は、Whole Life(ホールライフ)と呼ばれる貯蓄型の生命保険や、Universal Life(ユニバーサルライフ)と呼ばれる掛け捨て型の生命保険を提供する会社のランキングを知りたいと考えているはずだ。

こうした商品を提供していて日本人を受け入れている香港の保険会社はSun Lifeしか見当たらない。

もちろん、貯蓄型生命保険は国内生保が提供するものとは比較にならないほどの利回りになっているし、掛け捨て型の保険でも国内生保と比べて格段に安い保険料で契約する事ができる。

(掛け捨て型の場合、死亡保障1億円以上など富裕層向け案件になっている。)

問題は、zurichlife社が日本居住者の受け入れを打ち切ったように、Sun Life社がいつまで日本居住者を受け入れていくれるかは誰にも分からないという点だ。

生命保険に限らず、こうした金融商品のプロバイダーが日本居住者を打ち切ると決めてから最終受け入れ日までの時間の猶予はほとんど与えられない。

長くて1ヶ月くらい。

興味がある人は行動を早めた方が良いだろう。

 

☆ご質問等はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link