オフショア積立投資Savings Planでのお勧めはズバリ①RL360°②Investors Trust!

2019/08/15

2019年8月12日~18日in愛知・東京!個別相談・面談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年9月7日~12日in香港!IFA紹介・HSBC香港口座開設・会食希望etc
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年9月28日(日)大阪で【オフショア師匠の裏話お茶会】を開催します!
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。

オフショア積立投資Savings Planでお勧めの商品はどれですか?と聞かれる事があるが、お勧めはズバリ、マン島籍のRL360°が提供しているRegular Savings Plan(RSP)と言える。

日本人の契約を受け付けているオフショア積立投資商品のプロバイダーで最も歴史があるのがRL360°

日本居住の日本人が契約できる金融商品は限定されているが、それらの中から積立投資商品を提供しているプロバイダーは以下の通り。

保険会社 信託会社
RL360°
(アールエルサンロクマル)
Investors Trust
(インベスターズトラスト)
Sun Life
(サンライフ)
FTLife
(エフティライフ)
Metis Global
(メティスグローバル)
Cornhill
(コーンヒル)
Premier Trust
(プレミアトラスト)

保険会社と信託会社に層別できるが、先日説明した通り、信託会社よりも保険会社が提供する商品を先ずはお勧めしたい。

オフショア金融商品のプロバイダーで保険会社と信託会社、選択するならどっち?

保険会社としてRL360°、Investors Trust、SunLife、FTLifeと選べるが、SunLifeとFTLifeは香港籍の商品。

こうしたファンドオブファンズ商品は香港ではILAS(Investment Linked Assurance Scheme)と呼ばれていて、2014年以降に販売が規制されており、上手く商品を提供できないという背景がある。

SunLifeやFTLifeが提供している積立投資商品で契約できるものもあるのだが、こうした背景がある中で情報も少なく、無理に契約をお勧めしたいとは思わない。

選ぶべきはRL360°かInvestors Trustとなってくる。

どちらがお勧めかと言えば、歴史の長いRL360°となってくる。

RL360°は1861年に設立された150年以上の歴史がある会社なのに対し、Investors Trustは2002年と日が浅い。

なので、積立投資商品で悩んでいるのであればRL360°を契約する事をお勧めしたい。

Investors Trustには元本確保型商品があるので、そうした商品に興味があるのであれば、Investors Trustを選べばいいだろう。

どの商品を選ぶにしても、サポート力がある正規代理店と直接契約する事が大前提となってくる。

正規代理店で商品概要をしっかりと聞いて、しっかりとサポートを受けられる体制で契約しないと、良い商品であっても、その良さを享受できなくなってしまうからである。

 

ご質問や正規代理店の紹介依頼等はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link