子供に金融教育したいなら、お子さんを被保険者にして海外オフショアの生命保険に入れば良いと思う!学べて身になる!

2019/11/24(日)・25(月)愛知にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら!⇒ 相談希望者はいらっしゃいますか?

オフショア投資、どうやって勉強すれば良いですか?と聞かれることが多い。

お勧めすべき書籍がある訳でもなく、投資セミナーに行っても身になるものは少ないのかもしれない。

もしお子さんがいるのであれば、子供を被保険者にして海外オフショアの生命保険に加入するのが良い勉強方法なのかなと感じる。

お子さんを被保険者にして海外オフショアの生命保険に加入すれば学べて身になる!

香港など、海外にある生命保険は日本とは比較にならないほどの利回りになっている。

日本の生命保険は超低利回りの日本国債を購入させられているので、価値ある商品を組成できない。

だが、海外の生命保険はそうした縛りがないので、安定して4%程度の利回りとなっている商品が多い。

また、生命保険は余命率が死亡保障や支払保険金に関ってくるので、若ければ若い方が安く加入できるのだが、そう考えると生まれたての赤ちゃんを被保険者にするのが最も安くなる。

海外オフショア生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

オフショア投資の勉強の方法についてよく聞かれるが、この商品にはいろいろなエッセンスが詰まっていると思う。

利回りや運用によって増加していく死亡保障、契約後12~3年で損益分岐点を迎える解約返戻金、そして一部引き出しもできるので学資保険や年金商品としても活用可能となっている利便性etc

こうした商品を知る事自体がオフショア投資・オフショア金融の勉強と言える。

親が勉強して、子供に伝えていけば子供にも金融教育ができる。

学びながら身になる商品となっているのだ。

商品の特性を知ると共に、日本人にとって最も大切な事は正規代理店の選定だ。

日本人でなくても重要になってくるのだ、特に日本人の場合は日本語のサポートが欠かせないはずだ。

オフショア投資は長期契約となるので、最初だけ良ければ良いのではなく、アフターサポートが杜撰であると契約後に大変な目に遭ってしまう。

中には契約時だけ優しく接し、その後は連絡が取り辛くなってしまうケースもあったりする。

正規代理店は契約時はもちろんの事、契約満了までサポートをする会社であるので、契約後も安心できる正規代理店を選ばなくてはならない。

オフショア投資は商品の中身を知る事が重要だが、日本人の場合は正規代理店をどう選ぶかも含めて勉強しなくてはならない。

 

⇒ ご質問や正規代理店の紹介依頼はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link