死亡保障1,10,100億円の生命保険に加入する際の支払金額は如何ほどか?プライベートバンクを活用すればお得に契約できる!

2019/12/17(火)~19(木)韓国・ソウルにてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら!⇒ 相談希望者はいらっしゃいますか?
2019/12/29(日)~2020/1/5(日)愛知にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら!⇒ 相談希望者はいらっしゃいますか?

生命保険の死亡保障額、資産があればあるほど高く設定したいはずである。

死亡保障はいくらまで設定する事ができ、その際の支払保険金はどれくらいの金額になるのだろうか?

海外の生命保険は100億円以上でも可能!プライベートバンクを活用すれば支払保険金を抑えられる!

日本国内の生命保険会社で設定できる死亡保障の最大額は7億円と言われている。

年齢などによって支払保険金は異なってくるが、7億円の死亡保障に対する支払保険金は6億円を超えるはず。

複数社で生命保険を組み合わせても、死亡保障は10億円くらいがMAXになるようだ。

その際の支払保険金は9億円を超える事だろう。

では海外ではどうだろうか?

海外の保険会社は1社で死亡保障10億円の契約をする事は可能で、100億円でも設定してもらえる。

その際の支払保険金は3割くらいと考えればOKで、死亡保障額1億円、10億円、100億円に対する死亡保障は各々3千万円、3億円、30億円とイメージできる。

(海外の保険なのでもちろん円ではなくドルとなる。)

この際、プライベートバンクを活用すると持ち出しの金額を抑える事が出来る。

例えば、10億円の死亡保障であれば3億円を保険会社に直接支払うのでなく、プライベートバンクに融資してもらう事で用意する金額が2億円で済む。

当然、融資してもらうには担保が必要になってくるが、生命保険そのものが担保となる。

また、融資には金利も発生するが金利は2~2.5%程度となっている。

3億円の融資であれば、2%で年間600万円、2.5%なら750万円となる。

プライベートバンクは安定的に4%程度の運用ができるので、プライベートバンクに2億円を預け入れれば年間800万円を生み出せ、金利分を十分に相殺してもらえる。

つまりは、10億円の生命保険に対する支払保険料は3億円だが、プライベートバンクを活用する事で持ち出し金額を2億円とする事が出来るのだ。

こうしたスキームはプレミアムファイナンスと呼ばれていて、富裕層が活用している方法だ。

プライベートバンクは2億円以上を入金できる人が対象と呼ばれており、そこから逆算すると、プレミアムファイナンスを活用するには死亡保障10億円以上の生命保険が対象となってくる。

20億円の生命保険であれば4億円、30億円であれば6億円、100億円であれば20億円を用意できれば良い事になる。

冒頭に書いたが、日本の生命保険は複数社を組み合わせる事によって10億円の死亡保障を設定できるが、海外であれば100億円でも200億円でも可能となっている。

支払保険金を比較しても、国内では死亡保障に対して9割以上が必要になるのに対し、海外では2割ほどで済んでしまう。

数字やスキームを比較すると日本と海外の金融格差が良く分かるが、知っている人は活用している方法なのである。

 

☆ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link