将来お金持ち・富裕層・資産家になりたいのなら早い段階からオフショアの金融スキームを活用して資産フライトした方が良い理由とは?

2020/01/10

オフショア金融センターはもともと富裕層・資産家の為に作れたものと聞いた事はないだろうか?

今はSavings Planと呼ばれるオフショア積立投資など、お金持ちだけでなく一般的に活用できるようになっているが、将来的に富裕層・資産家になりたいという野望があるのならば、そうなる前からオフショア投資を行っておくことをお勧めしたい!

日本に資産が溜まってからオフショア投資しようにも資産フライトは年々難しくなっている!

世界には多くのオフショア金融センターがあるが、その中でも有名な地域としてマン島が挙げられる。

Savings Planを提供しているRL360°が登録されている地域であるが、マン島は英国の貴族が資産防衛をする為に税金を著しく安くするなど独立した政治運営がされており、イギリスの特別領域として扱われている。

貴族の資産防衛の為に作られたオフショア金融センターであり、富裕層や資産家などのお金持ちも活用する地域となっているが、多くの日本人がRL360°のSavings Planを契約しているように、一般の人にも門戸は開かれている。

お金持ちになってからオフショア投資を始めようと考えている人もいるかもしれないが、お金持ちになった時点でオフショア投資を行おうにも時すでに遅しとなっている可能性もある。

マン島だけでなくオフショア籍の金融商品のプロバイダーは日本居住の日本人の新規受け入れを止める会社が多く、いつまで日本人がオフショア投資商品を契約するかは分からない。

また、日本に多くの資産が出てきてから資産フライトしようとすると、その額の大きさ故にオフショア金融商品を使ったとしても簡単な事ではなくなってしまう。

ベストなのは海外に法人を作り、そこに売り上げが落ちるビジネスやスキームを構築し、その法人を基に海外の銀行口座やオフショア投資商品を契約する事と言える。

一代で資産家となったものの、二代・三代と続くうちに資産が無くなっていくのは金融の知識や対策が行われていないからという側面もあるので、お金持ちになりたければ金融の知識も付けて対策をしていかなくてはならない。

こうした背景があるので、将来的に相続税などの税金が高かかったり資産価値が目減りする可能性の高い日本・日本円をひたすらため込むのではなく、早めに行動を起こしていく必要がある。

お金持ちになってからオフショア投資をしようと考えるのではなく、早い段階から徐々にSavings Planを契約して資産フライトを始めておいた方が良い。

とは言え、投資は継続しなくては意味がないし、あまりに低額でオフショア投資をしてもそれはそれで効率が悪すぎる。

USD500以上でRL360°のQuantumなどのSavings Planと呼ばれる積立投資を先ずは契約しておくと良いだろう。

その際に海外の金融スキームに詳しい正規代理店で契約しておけば、その後お金持ちになった時にどうやって展開していくかの良きアドバイザー・メンターとなってくれるはずだ。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link