生命保険が担保になるかならないかは商品の本質的な資産価値や日本と海外オフショアの金融格差を如実に表している!

日本の生命保険は自ら銀行引き落としやクレジットカードで支払うしかない。

海外でも基本は同じように銀行やクレジットカード払いになるのだが、自分自身が加入する生命保険を担保にして支払い保険金を貸し出してくれるケースもあったりする。

同じ死亡保障額でも支払保険金が国内と比較して1/3~1/4になる海外オフショアの生命保険!

先ず、日本国内の生命保険と海外オフショアの生命保険を比較すると、利回りの差が大きい事が分かる。

海外オフショア生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

↑これは海外の貯蓄型生命保険であるが、日本の生命保険と異なり、運用により死亡保障や解約返戻金が徐々に増えていくのが特徴となっている。

その為、解約返戻金が支払った保険金を超える損益分岐点も10~15年の間となっていて、とても早い。

日本の保険の場合、損益分岐点は満期近くである事がほとんどなので、その差が分かりやすい。

貯蓄型生命保険はホールライフと呼ばれているが、ユニバーサルライフと呼ばれる掛け捨てに近いタイプの保険もある。

死亡保障1億円以上で相続対策向けの商品であるが、その支払保険金は死亡保障の3割程度になっている事が多い。

日本では死亡保障額に対して9割以上の支払保険金になる事がほとんどなので、海外のユニバーサルライフの場合は支払額が1/3程度に抑えられる。

また、プライベートバンクを活用すると、更に支払保険料を下げる事が出来る。

プライベートバンクはおおよそ2億円以上のお金を預け入れる事が出来ると顧客として受け入れてもらえるが、この預け入れたお金と生命保険とを担保にして、保険料をプライベートバンクが支払ってくれるプレミアムファイナンスという手法が用いる事が出来る。

死亡保障1,10,100億円の生命保険に加入する際の支払金額は如何ほどか?プライベートバンクを活用すればお得に契約できる!

2億円をプライベートバンクに預け入れる事が条件になるが、2億円であれば死亡保障額10億円、10億円であれば死亡保障額50億円といった感じになり、死亡保障額に対して2割程度の持ち出しで済むことになる。

日本では10億円の死亡保障をかけるとするならば9億円以上の支払いが必要となるはずなので、1/4以下に持ち出し額を抑える事が出来る。

投資はレバレッジを効かせ!という人もいるが、日本の生命保険と比較すれば、海外の生命保険はレバレッジを効かせる事が出来るのだ。

そもそも、日本では死亡保障1社最大7億円と言われていて、複数社を使っても10億円がMAXと言われている。

香港などの海外の保険会社では死亡保障額20億円でも100億円でも可能となっている。

この死亡保障額の大きさの違いは日本と海外の金融格差を表していると言える。

また、死亡保障額に対する支払保険金の安さも日本と海外の金融格差を表していると言える。

更に言えば、生命保険を担保にできるかできないか、この違いも日本と海外の金融格差となるのだが、それだけ商品価値・信頼性が異なっているのである。

 

⇒ ご質問はこちらから

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link