生まれたての赤ちゃんや子供の時に海外オフショアの生命保険に入ると余命率・運用期間でとてもお得だが日本では成り立たない理由とは?

生命保険の保険料は余命率や運用利回りなどで決まってくる。

そう考えると、生まれたばかりの赤ちゃんの段階で契約するのが一番有利となるが、日本で子供に保険をかける人は少ないと思う。

赤ちゃんの時に保険に契約すると複利の運用期間が長く取れるので有利となる!

日本人が生命保険に加入するタイミングとして多いのは、新社会人になった時と結婚した時かなと思う。

新社会人になると、安定した収入源が生まれるので生命保険の営業マンに狙われやすい。

労働組合などのライフプランの資料にも生命保険の加入を勧めるコメントがあったりする。

結婚した時は、もしもの為に生命保険への加入を考えるのだと思う。

海外の場合、こうしたタイミングとは別に子供が生まれた段階で子供を被保険者生命保険に加入するケースが多い。

それは何故なら、生まれたての赤ちゃんの段階で生命保険に加入すると最も割安に生命保険に加入する事が出来るからだ。

金融教育を受けていると、妊娠が分かった段階で生まれてくる赤ちゃんの為に生命保険をかける事を考えたりする。

日本ではあまりない考えだと思う。

生命保険は余命率によって保険料が変わるので、生まれたての0歳児を被保険者にして契約するのが最も保険料が安くなる。

そして、亡くなるまで(解約するまで)長く運用を継続できるので、複利運用によって死亡保障や解約返戻金がとても大きくなっていく。

海外の生命保険は運用によって死亡保障額や解約返戻金が徐々に大きくなっていくのが特徴だが、若ければ若いほど運用期間を長く取れるので得となるのである。

安定的に利回り4%程度で運用されているので、72の法則に当てはめれば、18年後に2倍、36年後に4倍、54年後い8倍、72年後に16倍、90年後に32倍となっていく。

日本の生命保険は利回りがほとんど出ないので、運用期間を長く取っても残念ながらこうしたメリットは出てこない。

日本の生命保険は契約時に設定した死亡保障額は固定されたままであり、解約返戻金も満期近くにならないとプラスにならない事が多い。

海外の生命保険は貯蓄性も高く一部引き出しも可能なので、子供の頃に契約すれば学資保険的に使ったり、結婚資金や老後資金に使ったりと生涯に亘って人生をサポートしてくれる事になる。

契約者は18歳以上となるので、親が契約者、子供が被保険者となり、子供が成人したどこかのタイミングで契約者を子供に名義変更するケースが多い。

日本の生命保険は何歳であろうと加入すべきとは思わないが、海外のこうした生命保険を知る事が金融リテラシーを高める事になると思う。

海外オフショア生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

⇒ ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link