サンライフ香港の設立年や格付けは?社歴や第三者評価としても信頼できるのが分かるオフショアの生命保険会社!

日本居住の日本人の契約も信託(トラスト)を設定する事で受け付けているオフショア香港の生命保険会社Sun Life Hong Kong(サンライフ香港)。

どれくらいの歴史があり、どのような評価をされている会社なのだろうか?

サンライフ香港の設立は1892年でS&Pグローバル・レーティングの格付けでAA-!

サンライフ香港の母体はカナダに本社があるSun Life Financial Inc.

1865年に設立された会社とであり、150年以上の歴史がある。

同じく150年以上の歴史を持つ世界最大手の格付け機関であるS&P Global Ratings(S&P グローバル・レーティング)からAA- (非常に強い)の評価を受けている。

これは20段階中上から4番目と高い評価であり、他の格付け会社の評価でもA.M. Bestから16段階中で上から2番目のA+ (最も優れている)、Moody’sから21段階中で上から4番目のAa3(非常に優れている)と第三者機関からの評価が高い保険会社と言える。

また、トロント(TSX)、ニューヨーク(NYSE)、フィリピン(PSE)と世界の三都市で上場している会社でもある。

これらは母体であるカナダにあるSun Life Financial Inc.の情報であるが、日本居住の日本人を受け入れているSun Life Hong Kong(サンライフ香港)は1892年に設立され、アジアを統括している。

サンライフ香港としてもS&P Global RatingsからAA-と高評価を受けている。

こうした社歴や格付け、日本の保険会社と比較するとどうなるのだろうか?

日本では1880年に日東保生会社(日本初の生命保険会社)が開業されるが、この会社は倒産してしまっている。

一方、1865年に設立されたサンライフは現存している。

現存する日本最古の生命保険会社は1881年に設立された有限明治生命保険会社(明治安田生命)である。

アジアを統括するサンライフ香港は1892年に設立しているので、ほぼ明治安田生命と同じ歴史となっている。

サンライフは本社も香港もS&Pの格付けがAA-であるが、明治安田生命はAであり、サンライフが勝っている。

日本の生命保険で最も格付けが良いのはメットライフであり、サンライフと同じAA-。

メットライフの本社はアメリカにあるが、その設立は1868年であり、日本支社が出来たのは1954年、日本法人となったのは2012年となっている。

母体ができたのはサンライフとメットライフでほぼ同時期であるが、日本のエリアを管轄する支社ができているのはサンライフの方が古く歴史が長い。

このように社歴や格付けを見れば、サンライフ香港の信頼性は分かると思う。

そして何より、日本人が契約できる商品の利回りやシミュレーションを見れば、サンライフ香港に優位性がある事は明らかだ。

社歴でも格付けでも信頼がおけるサンライフ香港であるが、契約の流れを間違えなければ良い商品と出会える。

サンライフ香港は直接契約は出来ず、正規代理店が間に入って契約やサポートを請け負う事になっている。

正規代理店とは、香港の保険当局に登録されている会社である。

日本人スタッフがいる正規代理店もあるので、契約後の事も考え、サポート力がある正規代理店を選定する事が重要となってくる。

 

⇒ ご質問や正規代理店の紹介依頼はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link