日本人はオフショア金融商品・生命保険を個人名義で契約できないのですか?【よくある質問】

オフショア生命保険など海外の金融商品を契約する際、日本人は個人で契約できないのですか?という質問を受ける事が多い。

これは契約する商品やご自身の居住地によって異なってくる。

日本居住の日本人の場合、香港籍の金融商品・生命保険は敵に信託(トラスト)経由となる!

この話、同じ日本人(パスポートが日本)でも居住地によって話が異なる。

日本以外に住所がある場合、ほとんどのケースで個人名義で契約が可能となっている。

(ただし、日本人というだけで契約可能な商品は限定される。)

では、日本居住の日本人の場合はどうだろうか?

この場合、商品が登録されている国や地域によって扱いが異なってくる。

サンライフ香港やFT Lifeなど香港籍の金融商品は個人での契約を受け付けておらず、信託(トラスト)を設定しての契約となる。

ほとんどの正規代理店が信託会社を所有しているので、その信託会社でトラストを設定してもらい、トラスト名義で契約する事になる。

最低2年はトラストを維持しておかなくてはならないが、2年後に個人名義に変更する事が可能だ。

トラストを維持するには維持手数料が必要となってくるので、2年後に個人名義に変更するケースが多い。

トラストの設定~金融商品の設定は香港に渡航せずとも行う事ができる。

海外に住所がある日本人の場合は個人で契約できるが、個人での契約は香港に渡航する必要がある一方、海外に住所があってもトラストでの契約は可能で、この場合は香港に渡航する事無く契約は可能となる。

では、香港籍ではない会社・商品の場合はどうだろうか?

この場合、特に規制はされておらず、個人名義での契約が可能だ。

日本居住の日本人を受け入れている会社の金融商品はマン島籍やケイマン諸島籍、ラブアン島籍、プエルトリコ籍などがあるが、個人名義で契約が可能となっている。

日本居住の日本人が契約できる会社毎にどのような対応になるかをまとめてみた。

会社名 登録地 契約方法
サンライフ香港 香港 信託(トラスト)設定
(最低2年は信託保持)
FT Life
RL360° マン島 個人
インベスターズ
トラスト
ケイマン諸島
ラブアン島
プエルトリコ

一部商品を除き、法人での契約も可能だ。

オフショア金融商品は契約から事後サポートまでを正規代理店が請け負う事になっている。

間違った契約をしない為にも、サポート力がある正規代理店と直接お世話になり、直接サポートしてもらう事が重要となる。

 

⇒ ご質問や正規代理店の紹介依頼はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link