金利はまだまだ上昇しない!?上昇する前に対策することの必要性

2014/05/31

2019年9月28日(日)大阪で【オフショア師匠の裏話お茶会】を開催します!
詳細はこちら!?⇒ 希望者はどうぞ。

アベノミクスで好景気?

その実感すらあまりないが、景気が良くなれば金利が上昇するはず。

しかし日本の金利は上がらない。

それは何故だろう?

 

増え続ける債務残高

日本は国債を発行し続けているのは有名な話。

しかし、それがどれほどの規模かはあまり知られていない。

債務残高の国際比較(対GDP比)を見てみよう。

007(財務省HPより)

他の先進国と比較しても圧倒的に数字が悪い。

国債は国の借金、GDPが「日本が1年で稼げる力」と考えれば、日本は自分たちの力の2.3倍もの借金をしていることになる。

日本のGDPは約400兆円強で国債は約1,000兆円。

言いかえれば400万円ちょっとの収入がある人が1000万円の借金をしているようなもの。

そしてその借金額は毎年増え続けている。

普通の人であれば、こうした人にお金を貸さないだろう。

 

金利が上がると言う事は?

借金をしている人は金利に敏感。

金利が上がれば、自身の返済額が増加する。

日本も借金している国なので金利に非常に敏感。

借金が約1,000兆円なので、金利が1%上がればその返済額が約10兆円増える。

日本の年間国家予算は100兆弱なので、国家予算の1割を借金返済に充てなければならない。

借金を簡単にするものではない。

 

日本の金利は上昇してしまったら国が崩壊する。

その為、金利が上昇しないようにコントロールされているのだ。

国債を購入しているのは多くの金融機関。

例えば銀行は、国民への普通預金を日本国債の金利より低く抑えれば、例え国債の金利が低くても、国債を購入して利ざやを出せるメリットがある。

国民を利用しての金利コントロールを行えるのだ。

 

日本の金利、上昇した時には国家破綻が起こり得る。

その前に対策を講じておかなければならない。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link