カジノ手法!?マーチンゲール法は有用?勝つか破綻の大勝負!

カジノに興味がある人なら「マーチンゲール法」を耳にしたことがあると思う。

負けない手法とも言われるが、本当だろうか?

 

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とはどんな手法か?

負けている場合は賭け金を以下の様に積んでいく手法である。

①1
②2
③4
④8
⑤16
⑥32
⑦64
⑧128
⑨256
⑩512
・・・

勝った次は①に戻る。

最初の勝負に負けたら次は2ロット、2連敗したら次は4ロット、3連敗後は8ロット・・・といった感じだ。

負けた時はその倍を次のベットで積むのだが、これにより勝った時には必ず「1」が残る。

例えば7連敗したとしよう。

負け総数は127となるが、⑧回目の勝負で勝てば128なので、「1」残る。

前提となるのが、

◆勝った時に掛け金の倍の金額が戻ってくること
◆必ずどこかで勝てる勝負であること

となる。

 

リスクリターンが合わない勝負

勘の鋭いひとなら既にピンときているだろうが、この前提「必ずどこかで勝てる勝負」そのものが博打になっている。

例えば10連敗してから勝ったとしたら⑪回目の勝負では1024ベットすることになり、⑩連敗中に投じた計1023ベットを足して2047ベット。

これに対して戻ってくるのは「1」。

こんな勝負していたら破綻をしてしまう。

ちなみに10連敗する確率は0.0977%。

思ったより高い数字ではないだろうか?

1000回に1回くらいの確率で起こり得る。

 

そもそもカジノのディーラーはルーレットをコントロールできると言われており、赤にも黒にも属さない緑も存在し、確率が50%ではない。

それ故、やってはいけない手法だ。

カジノによってはマーチンゲール法を実践すると追い出されると聞いたことがあるが、実際にはどうなのだろうか?

 

マーチンゲール法を株式やFXで応用しようと考えている人がいるが、絶対にやってはいけない。

破綻への第一歩だ!!

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください