シティバンク香港Citibank HongKongの口座凍結者が多い?その時に気付くのが口座維持管理手数料?

シティバンク香港Citibank HongKongに関する問い合わせが増えている。

そのほとんどが口座凍結・休眠・解除に関する質問だ。

“シティバンク香港Citibank HongKongの口座凍結者が多い?その時に気付くのが口座維持管理手数料?” の続きを読む

香港シティバンクの凍結・休眠・閉鎖・解約の相談が多い!海外にある資産は大事にしよう!

香港の銀行と言えばHSBCが筆頭と言える。

HSBC以外にシティバンクやスタンダードチャータード、ハンセン銀行などを持っている人もいると思うが、最近はシティバンクの凍結・閉鎖・解約に関する相談が多い。

“香港シティバンクの凍結・休眠・閉鎖・解約の相談が多い!海外にある資産は大事にしよう!” の続きを読む

シティバンク香港の口座解約方法とは?資金はオフショア地域に残しておくことをお勧めします!

2017年1月1日から香港非居住者の口座保持者に対し、毎月HKD400の口座維持手数料を徴収しているシティバンク香港。

毎月約5千円の手数料となるので、年間約6万円!

安くない金額であるので、口座を解約したいと考えている人も多いようだ。

“シティバンク香港の口座解約方法とは?資金はオフショア地域に残しておくことをお勧めします!” の続きを読む

FXや日本の銀行での外貨預金が本質的な海外投資でもなんでもない理由とは?

「外貨預金は海外投資」と思っている人がいるようだ。

日本国内で外貨預金をしても、リスク分散もされず全く意味はない。

“FXや日本の銀行での外貨預金が本質的な海外投資でもなんでもない理由とは?” の続きを読む

カンボジア・フィリピン・ベトナム・マレーシアetc現地銀行口座って必要?

オフショア投資をする人たちにとって、作っておいた方が良いのはオフショア銀行口座。

HSBC香港が有名だが、カンボジア・フィリピン・ベトナム・マレーシアなど東南アジアの現地銀行口座を作りだがる人もいる。

そもそもオフショア地域でもなく、そうした銀行は必要なんだろうか?

“カンボジア・フィリピン・ベトナム・マレーシアetc現地銀行口座って必要?” の続きを読む

カンボジア・フィリピンetc東南アジア銀行口座での米ドル高金利には要注意!

カンボジアやフィリピンなど東南アジアの銀行で、米ドル定期預金が10%程度になっていることがよくある。

米ドルの政策金利はサブプライム・リーマンショック後は1%以下に低迷しているのに何故?

“カンボジア・フィリピンetc東南アジア銀行口座での米ドル高金利には要注意!” の続きを読む

香港や日本、HSBChkのS&P格付けを比較してみると、香港の安全性の高さが分かる!

昨日、HSBC香港が破綻する確率よりも日本が国家破綻する確率が高いと言う記事を書いた。

S&Pグローバル・レーティング(スタンダード&プアーズ)の格付けを見ても、その理由を語ることができる。

“香港や日本、HSBChkのS&P格付けを比較してみると、香港の安全性の高さが分かる!” の続きを読む

マイナス金利の状態で国内の銀行にお金を預けておく意味ってあるの?リスク分散の為にHSBC香港の口座を持とう!

2016年1月に日本銀行がマイナス金利政策の採用を発表してから1年が経つ。

今後も簡単に金利が上がっていくとは思わないし、金利が上昇した時はハイパーインフレに突入する時かもしれないので危険だ。

それほど、日本での金利はあてにならないものである。

こんな状況下で、日本国内の銀行にお金を預けていて意味があるのだろうか?

“マイナス金利の状態で国内の銀行にお金を預けておく意味ってあるの?リスク分散の為にHSBC香港の口座を持とう!” の続きを読む

シティバンク香港手数料アップ!HSBC香港口座開設時に動画撮影で可視化へ!

オフショア香港の銀行口座を開設したい人も多いことだろう。

現地の情報は刻一刻と変化しているので、新しい情報を得る事が重要だ。

“シティバンク香港手数料アップ!HSBC香港口座開設時に動画撮影で可視化へ!” の続きを読む

マイナス金利の行く末は?最高/最悪ケースのシミュレーション

2016年、突如として導入されたマイナス金利。

政府は景気を良くするためにマイナス金利を導入しているのだろうが、思うようにいかないケースも有り得る。

最高/最悪のケースをシミュレーションしてみた。

“マイナス金利の行く末は?最高/最悪ケースのシミュレーション” の続きを読む