日本・韓国での「フールプルーフ」と「フェールセーフ」の考え方

韓国の沈没船事故、なかなか収束する雰囲気が無い。

その最中での地下鉄事故。

負の連鎖が続いているようだが、事故防止の考え方に疑問が残る。

“日本・韓国での「フールプルーフ」と「フェールセーフ」の考え方” の続きを読む

アジアス等のオフショア積立投資プランのポートフォリオの考え方

海外の積立投資を行っている人はポートフォリオをIFAにお任せにしている人がほとんどだと思う。

自分が積み立てている商品のポートフォリオ、成績が良ければ気にならないが、成績が悪くなれば気になることだろう。

“アジアス等のオフショア積立投資プランのポートフォリオの考え方” の続きを読む

ハンサード等のオフショア積立投資プランの利回りと運用成績

資産運用を行っている人が気になるのはやはり利回り。

海外のオフショア積立投資をしている人はそれだけの理由ではないかもしれないが、優先順位の上位に利回りがあるのは間違いない。

“ハンサード等のオフショア積立投資プランの利回りと運用成績” の続きを読む

オフショア投資商品(金商法)と医薬品(薬事法)は似ている

オフショア投資商品を購入するのは何の問題もない。

しかし販売・営業などには制限がかけられている。

これは医薬品と法的扱いが似ている。

“オフショア投資商品(金商法)と医薬品(薬事法)は似ている” の続きを読む

中国GDP減速、シャドーバンキング動向など中国経済の行方は?

中国のGDPが減速傾向にある。

シャドーバンキングの破綻からのバブル崩壊も危惧されているが、中国国内ではどのように考えられているのだろうか?

“中国GDP減速、シャドーバンキング動向など中国経済の行方は?” の続きを読む

日本とオフショアの投資商品の手数料構造の違い。

資産運用をする時に気になることの一つが手数料だろう。

いくら儲かっても手数料で相殺されたら意味がない。

日本とオフショアの積立投資商品の手数料構造の違いで、資産運用に対する考え方の違いが見えてくる。

“日本とオフショアの投資商品の手数料構造の違い。” の続きを読む

「教育資金口座」に「NISA」日本の金融商品は時限立法ばかり

金融機関の人間曰く、「教育資金口座」が人気らしい。

相続税を回避しながら孫への教育費として使えるのがポイントだ。

しかし「教育資金口座」の新規開設は平成27年12月25日までで終了予定。

“「教育資金口座」に「NISA」日本の金融商品は時限立法ばかり” の続きを読む

投資と投機。人材投資で考えてみるとわかりやすいのでは?

投資と投機。

わかるようでわからない差だと思う。

企業の人材採用で考えればわかりやすいのではないだろうか?

“投資と投機。人材投資で考えてみるとわかりやすいのでは?” の続きを読む

人生は仕事も恋愛も投資も流れに逆らえない

友人が転職を決意し、転職活動を行っている。

そんな彼との会話で出てきた言葉「人生の流れには逆らえん」。

軽い会話から生み出された言葉ですが、意外と深い言葉に感じてきた。

“人生は仕事も恋愛も投資も流れに逆らえない” の続きを読む

日本の銀行がオフショアのサービスを意識している感じがする①

最近、日本の銀行CMを見ていると海外・オフショア市場のサービスを意識しているのでは?と感じる事が多い。

オフショア市場の金融サービスを参考にしているのだろうか?

“日本の銀行がオフショアのサービスを意識している感じがする①” の続きを読む