オフショア金融センターとは!日本人が活用しやすいのは香港!

オフショア投資と言う言葉も一般化しているが、オフショア投資を行うべき国や地域で世界的な金融立国はオフショア金融センターと呼ばれている。

“オフショア金融センターとは!日本人が活用しやすいのは香港!” の続きを読む

香港へ輸出したい商品がある方はご相談ください!先ずはサンプルワークから!

人口減少で内需が縮小している日本。

日本市場だけで販売を行っていたら売り上げが上がらない事も多い事でしょう。

将来的にも不安なはずです。

もし、香港で自社商品が売れたら会社の経営が安定すると思いませんか?

“香港へ輸出したい商品がある方はご相談ください!先ずはサンプルワークから!” の続きを読む

平均寿命世界ランキング1位香港2位日本!長く生きても大丈夫な国と苦しむ国の違いとは?

長寿国と言われる日本だが、世界での平均寿命ランキングは2位となっている。

1位はどこかと言えば、香港なのだ。

“平均寿命世界ランキング1位香港2位日本!長く生きても大丈夫な国と苦しむ国の違いとは?” の続きを読む

香港Sun Life(サンライフ)社養老年金FlexiRetire Annuity Plan ← Sun Diamond Income

香港Sun Life(サンライフ)社の養老年金プランSun Diamond IncomeがFlexiRetire Annuity Planにマイナーチェンジするような形で上市されている。

“香港Sun Life(サンライフ)社養老年金FlexiRetire Annuity Plan ← Sun Diamond Income” の続きを読む

香港サンライフ社などの生命保険はPIBA取得の正規代理店で契約しなくてはならない!

日本と比較すると利回りが全く異なる海外の生命保険。

日本から近い場所で日本人を受け入れてくれるのは香港である。

“香港サンライフ社などの生命保険はPIBA取得の正規代理店で契約しなくてはならない!” の続きを読む

香港の金融商品を購入する際に必要なLanding Slip!e-道(e-Channel)利用者が入手する方法とは?

香港籍の金融商品を購入する際には香港に渡航しなければならない。

香港に渡航したかどうかは”Landing Slip”で証明される。

“香港の金融商品を購入する際に必要なLanding Slip!e-道(e-Channel)利用者が入手する方法とは?” の続きを読む

香港保険監督当局(HKIA)がS社などの保険会社に日本人への営業圧力を掛けているという噂

香港にはInsurance Authority(HKIA)と言う機関がある。

2015年12月7日に設立された政府から独立した保険監督当局であったが、2017年6月26日からは政府機関の機能を引き継いでおり、今は政府直轄で保険会社を管理監督する立ち位置となっている。

“香港保険監督当局(HKIA)がS社などの保険会社に日本人への営業圧力を掛けているという噂” の続きを読む

香港へ現金12万ドル以上を持ち込む時には税関への申告が義務化される⁉

現在、香港に入国する時の現金の持ち込み制限はない。

しかし、2018年下期から12万香港ドル相当額以上の持ち込みに制限が掛かる事になりそうだ。

“香港へ現金12万ドル以上を持ち込む時には税関への申告が義務化される⁉” の続きを読む

香港シティバンクの凍結・休眠・閉鎖・解約の相談が多い!海外にある資産は大事にしよう!

香港の銀行と言えばHSBCが筆頭と言える。

HSBC以外にシティバンクやスタンダードチャータード、ハンセン銀行などを持っている人もいると思うが、最近はシティバンクの凍結・閉鎖・解約に関する相談が多い。

“香港シティバンクの凍結・休眠・閉鎖・解約の相談が多い!海外にある資産は大事にしよう!” の続きを読む

香港に行く機会があれば…ではなく行く機会を作ってでもやる価値があるのがオフショア投資では?

日本から一番近いオフショア地域と言えば香港。

時間・値段の両面で、日本からとても近い場所である。

“香港に行く機会があれば…ではなく行く機会を作ってでもやる価値があるのがオフショア投資では?” の続きを読む