日本から香港に格安で行く方法とは?格安航空券LCC比較サイトでお勧めはスカイスキャナー!

2017/9/29(金)-10/1(月)東京・横浜にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年9月29日(金)~10月1日(日)in東京・横浜。相談希望者はどうぞ!

HSBCの口座開設や金融商品の契約などの為に、香港に渡航を考えている人もいるはずだ。

最近ではLCCの普及により、かなりお得に香港に行けるようになったが、どのLCCを利用するのが一番安いのだろうか?

一人で比較しようとすると骨の折れる作業となってくる。

“日本から香港に格安で行く方法とは?格安航空券LCC比較サイトでお勧めはスカイスキャナー!” の続きを読む

シティバンク香港の口座解約方法とは?資金はオフショア地域に残しておくことをお勧めします!

2017年1月1日から香港非居住者の口座保持者に対し、毎月HKD400の口座維持手数料を徴収しているシティバンク香港。

毎月約5千円の手数料となるので、年間約6万円!

安くない金額であるので、口座を解約したいと考えている人も多いようだ。

“シティバンク香港の口座解約方法とは?資金はオフショア地域に残しておくことをお勧めします!” の続きを読む

Sponsored Link

香港は世界三大金融センターであり日本から最も近いオフショア地域である!

資産運用の話をしていて、海外や香港と聞くと、それだけで嫌悪感を示す人がいる。

香港は金融立国である事を知らないのだろうか?

“香港は世界三大金融センターであり日本から最も近いオフショア地域である!” の続きを読む

メティス グローバル リミテッドの評価や評判は?契約をお勧めできる積立金融商品と言えるのか??

最近、メティス グローバル リミテッド(Metis Global Limited)に関する質問が増えている。

セミナーなどで話している人がいるのか?もしくは紹介している人がいるのか?その背景は分からないが、商品概要が曲がって伝えられている事が多いようだ。

“メティス グローバル リミテッドの評価や評判は?契約をお勧めできる積立金融商品と言えるのか??” の続きを読む

香港IFAランキング!取り扱い商品が多く、サポートレベルが高いIFAを選択しよう!

オフショア投資商品は正規代理店である”Independent Financial Adviser”を通して購入する事になる。

頭文字を取って”IFA”と呼ばれているが、日本人を受け入れていると言われるIFAは20社ほどあると言われている。

IFAのお勧めランキングとは?

“香港IFAランキング!取り扱い商品が多く、サポートレベルが高いIFAを選択しよう!” の続きを読む

マイナンバーは怖くない!マイナンバーを書かずに投資できる方法はあるの?

2016年1月から施行されたマイナンバー。

国内の金融商品だけでなく、海外の金融商品でもマイナンバーの提出(明記)が必要なのがほとんどだ。

マイナンバーを提出せずに投資できる商品はあるのだろうか?

“マイナンバーは怖くない!マイナンバーを書かずに投資できる方法はあるの?” の続きを読む

最も国際的な大学の上位は金融立国が占める!お金だけでなく人・学生も引き付けるのがオフショアだ!

先日、世界の教育市場に関する調査を行う英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」より、最も国際的な大学150校が発表された。

上位を見ると、金融立国ばかりである。

“最も国際的な大学の上位は金融立国が占める!お金だけでなく人・学生も引き付けるのがオフショアだ!” の続きを読む

香港や日本、HSBChkのS&P格付けを比較してみると、香港の安全性の高さが分かる!

昨日、HSBC香港が破綻する確率よりも日本が国家破綻する確率が高いと言う記事を書いた。

S&Pグローバル・レーティング(スタンダード&プアーズ)の格付けを見ても、その理由を語ることができる。

“香港や日本、HSBChkのS&P格付けを比較してみると、香港の安全性の高さが分かる!” の続きを読む

Kijani Commodity Fundの現状は?香港当局無登録代理店との契約は要注意!

2016年も年末。

今年、「Kijani Commodity Fund(キジャニ コモディティ ファンド)」の現状はどうですか?という質問を多くもらった。

“Kijani Commodity Fundの現状は?香港当局無登録代理店との契約は要注意!” の続きを読む

積立金融商品販売停止1年、スタンダードライフはどうなった?

昨年2014年の10月に新規受け入れを停止したスタンダードライフ。

2015年1月から新製品の販売がされるための準備と言われていたが、未だに新製品は販売されていない。

“積立金融商品販売停止1年、スタンダードライフはどうなった?” の続きを読む