子供にお金を残すには?日本の生命保険じゃ資産は残らない!!

2017/10/20(金)21(土)大阪にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年10月20日(木)21日(土)in大阪。相談希望者はどうぞ!
2017/11/2(木)-4(土)沖縄・那覇にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年11月2日(木)~11月4日(土)in沖縄・那覇。相談希望者はどうぞ!

先日、とある女性から相談を受けた。

「子供にお金を残したいので生命保険に入りたいんですが、どう思いますか?」

もちろん、生命保険は国内生保の事である。

“子供にお金を残すには?日本の生命保険じゃ資産は残らない!!” の続きを読む

貯蓄型保険が一斉値上げする日本!国債金利に左右される国内金融商品にメリットはあるのか?

毎年4月と10月は、税金や社会保険、公共料金などを中心に様々な値段が変動するタイミングである。

2017年4月には貯蓄型保険料が一斉に値上げをするらしい。

“貯蓄型保険が一斉値上げする日本!国債金利に左右される国内金融商品にメリットはあるのか?” の続きを読む

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

インベスターズトラスト(Investors Trust)S&P500INDEXは15年継続積立で140%確保は年利約4.1%!日本国債長期金利と比較してみた!

インベスターズトラスト社(investors trust assurance spc)の積立投資S&P500INDEXは15年間継続して積み立てる事で140%の元本確保がされている。

年利にすると約4.1%になるが、この数字はいかほどか?

“インベスターズトラスト(Investors Trust)S&P500INDEXは15年継続積立で140%確保は年利約4.1%!日本国債長期金利と比較してみた!” の続きを読む

1月31日は生命保険の日。貴方の生命保険、早死にしないと得しないのではないですか?

1月31日は「生命保険の日」というのはご存じだろうか?

1882(明治15)1月31日に生命保険の受取人第一号が現れたことから制定されたそうだ。

“1月31日は生命保険の日。貴方の生命保険、早死にしないと得しないのではないですか?” の続きを読む

財政危機で国家破綻が起こる寸前には預金封鎖・貯蓄税の危険性あり!リスク分散の為にHSBC香港の口座を開設しよう!

国家破綻論・・・日本には1,000兆円超える財政赤字があり、返済に耐えられなくなれば破綻して日本円の価値が無くなるという議論である。

実際に国家破綻が起こるかどうかはわからないが、可能性は0とは言えない。

“財政危機で国家破綻が起こる寸前には預金封鎖・貯蓄税の危険性あり!リスク分散の為にHSBC香港の口座を開設しよう!” の続きを読む

日本国債の日本銀行保有割合は?2019年には60%⁉主要国との比較は?

日本国債の発行を続ける日本。

それだけ発行できるのは日本銀行が日本国債を購入してくれるからであり、日本国債の日本銀行所有割合が増えているのである。

“日本国債の日本銀行保有割合は?2019年には60%⁉主要国との比較は?” の続きを読む

マイナス金利&保険業法改正で日本の生命保険は売り辛くなるのでは?

2016年1月、日本銀行はマイナス金利を導入した。

慣れとは恐ろしいもので、既にマイナス金利が普通なっているような感じだ。

マイナス金利により、多くの金融商品にも影響が出ている。

例えば、生命保険も売り辛くなっていくことだろう。

“マイナス金利&保険業法改正で日本の生命保険は売り辛くなるのでは?” の続きを読む

マイナス金利&日本国債で日本の生命保険会社の行く末は?

日本の生命保険は日本国債を握らされているので、投資商品としてはうま味がない・・・

これは知っている人は知っている事実である。

この状況に加えてマイナス金利の影響で、国内の生命保険会社は窮地に立たされているようだ。

“マイナス金利&日本国債で日本の生命保険会社の行く末は?” の続きを読む

日本円・日本国債は安定な資産か?行き場がない時の休息所。

中国経済の先行き不安や、原油価格の低下による世界経済の下落が予想され、円が買われている。

一方で国内に目を向けると、日本国債のマイナス金利により国内も先行き不透明。

日本円・日本国債は安定な資産と考える人がいるが本当だろうか?

“日本円・日本国債は安定な資産か?行き場がない時の休息所。” の続きを読む

ノストラダムスの大予言に考える国家破綻論とリスクヘッジ

日本が抱える多額の国債。

だが、実は大した問題ではなく財政は健全だという人もいる。

“ノストラダムスの大予言に考える国家破綻論とリスクヘッジ” の続きを読む