オフショア投資に興味がある人は乗り遅れないように!年々変化が大きく、日本人にとって難しい状況へとなっている!

2019年、明けましておめでとうございます。

今年はどんな事が起こるだろうか?

何かの変化が起こるかもしれないが、年々日本人にとってオフショア投資は契約し辛いものになっているので、興味がある人は早め早めの行動を!

“オフショア投資に興味がある人は乗り遅れないように!年々変化が大きく、日本人にとって難しい状況へとなっている!” の続きを読む

2018年版オフショア師匠blogの人気記事ベスト5!金融商品の概要へのアクセスが多く興味がある人がたくさんいる?

2018年も大晦日。

今年もコツコツとブログを書いてきたが、どのコンテンツが一番読まれているのかが自分自身でも気になったので調べてみた!

“2018年版オフショア師匠blogの人気記事ベスト5!金融商品の概要へのアクセスが多く興味がある人がたくさんいる?” の続きを読む

TGホルボーン(T G Holborn)のホームページ(公式サイト)が表示されない⁉

香港のTGホルボーン(T G Holborn)社のホームページが閲覧できないようだ。

⇒ http://www.tgholborn.com/

最近知った事ではないのだが…

“TGホルボーン(T G Holborn)のホームページ(公式サイト)が表示されない⁉” の続きを読む

オフショア投資を個人で面倒をみてくれるという紹介者を信頼しきっていいのだろうか?

オフショア投資を友人・知人・親戚etc、はたまたどこかのセミナーで聞いて知る人が多いようだ。

知るきっかけはさておき、そうした紹介者である個人が「私が最後まで面倒をみるから大丈夫!」と言ってきたとして、その言葉を信じてもいいのだろうか?

“オフショア投資を個人で面倒をみてくれるという紹介者を信頼しきっていいのだろうか?” の続きを読む

rl360°はindependent financial adviser(IFA)から直接契約を!最後までサポートしてくれるかどうかが大きなポイント!

日本人が唯一契約できるマン島籍のオフショア投資商品のプロバイダーと言えば、rl360°。

その契約はindependent financial adviser(IFA)と呼ばれる正規代理店を通して行われる事になる。

“rl360°はindependent financial adviser(IFA)から直接契約を!最後までサポートしてくれるかどうかが大きなポイント!” の続きを読む

オフショア投資とは?海外から積極的に外貨を獲得しているオフショア金融センター(金融立国)を活用した資産運用法!

オフショア投資とは?と度々聞かれる事があるので改めて。

オフショア投資とは、オフショア金融センターを活用した投資法であるが、日本から一番近いオフショア金融センターは香港である。

“オフショア投資とは?海外から積極的に外貨を獲得しているオフショア金融センター(金融立国)を活用した資産運用法!” の続きを読む

香港の正規保険代理店ifaとは?PIBAに登録されている会社かどうかを要チェック!

日本とは比較にならないほどの利回りとなっている香港の生命保険。

香港の生命保険会社は直接販売するのではなく、正規代理店方式を取っている。

“香港の正規保険代理店ifaとは?PIBAに登録されている会社かどうかを要チェック!” の続きを読む

富裕層向けであったオフショア投資が一般向けになった弊害!投資額が低い事のデメリットとは?

20世紀末の金融ビックバンにより日本人が海外の銀行口座を開設したり、海外の金融商品を購入する事が合法化された。

それから約20年…

“富裕層向けであったオフショア投資が一般向けになった弊害!投資額が低い事のデメリットとは?” の続きを読む

日本居住の日本人は契約できないケースが多いオフショア投資商品…海外に住んでいるという根拠とは?

オフショア投資のプロバイダーは日本居住の日本人の受け入れを拒否するケースが多い。

日本居住ではなく海外に住んでいるという根拠はどうやって証明するのだろうか?

“日本居住の日本人は契約できないケースが多いオフショア投資商品…海外に住んでいるという根拠とは?” の続きを読む

RL360°Quantum(クォンタム)は2018年で契約終了らしい…日本人だけでなく全世界での話です。

2012年にフレンズプロビデントが日本居住の日本人の受け入れを停止して以降、日本居住者の契約数が増えていたRL360°の積立投資商品Quantum(クォンタム)。

このQuantumが2018年をもって新規受け入れを停止するようだ。

“RL360°Quantum(クォンタム)は2018年で契約終了らしい…日本人だけでなく全世界での話です。” の続きを読む