日本の公的年金制度。自分自身の年金を積み立てるのでなく、現役世代が高齢者を支える賦課制度である。少子高齢化が進んでいる現代日本では、賦課制度の限界が近い。今後、どのような制度に転換していくかが見もの。だが、自分の老後資金は自分で守った方が良かろう。

年金問題

人口減少・少子高齢化が進む日本。 そんな日本の年金制度では現役世代が高齢者を支える「賦課制 ...

年金問題, 人口問題

今日は敬老の日。 人口データが公表されるが、敬老の日と成人の日は人口問題を考える日だと個人 ...

年金問題, オフショア

日本の年金制度に危機感を持っている人は多い。 人口減少・少子高齢化が進んでいる日本社会にお ...

年金問題

日本の年金制度、このまま何年、何十年先までも持つ制度だと思っている人は少ないはずだ。 それ ...

年金問題, オフショア

日本の年金問題にしっかりと向き合っている人はどんな対策(資産運用)を行えば良いかと考える。 ...

年金問題

避けては通れない日本の年金問題。 定期的に改悪となっているが、年金受給開始年齢を例に改悪の ...

年金問題, 金融知識・金融教育

30代は仕事も覚え、会社の中心戦士としてバリバリ働く世代だと思う。 しかし、世の中の仕組み ...

社会保障, 年金問題, 人口問題

少子高齢化が進む日本。 65歳以上の高齢者が増え、年金や社会保障費を圧迫していくが、世界的 ...

年金問題, 金融知識・金融教育

最近は多くの会社が確定拠出年金(日本版401K)を採用している。 新社会人の皆さんは確定拠 ...