ビール・発泡酒・第3のビール企業努力を無視した日本の課税

景気が悪くなった20世紀終盤頃から21世紀を迎えてからだろうか?

ビールに代わるアルコール飲料として発泡酒、そして第3のビールが誕生した。

企業からしたら酒税に苦しむ消費者の為、それによる自社売り上げ向上のための戦略だったはずだ。

しかし、企業の思惑通りにはいかないようだ。

“ビール・発泡酒・第3のビール企業努力を無視した日本の課税” の続きを読む