RL360°を初期口座中に解約したら返戻金はない!2年で積立を停止・休止したら運用は進まない!

RL360°(旧名:ロイヤルロンドン360°)には契約年数に応じて18~24ヶ月の初期口座が設定されている。

初期口座は手数料が支払われる部分であり、初期口座が終わって以降の累積口座で資産運用の大部分が行われるイメージである。

また、初期口座期間中に解約したら返戻金が戻ってくることはなく、累積口座に積立を行わずに停止していたら資産が増える事もない。

“RL360°を初期口座中に解約したら返戻金はない!2年で積立を停止・休止したら運用は進まない!” の続きを読む

オフショア師匠の…2016年人気コンテンツトップ5を調べてみると、RL360とインベスターズトラストが人気商品であることが分かる!

2016年ももうすぐ終わり。。。

今年、本ブログでどんな記事が最も読まれていたのかなとアクセス数を調べてみました!

“オフショア師匠の…2016年人気コンテンツトップ5を調べてみると、RL360とインベスターズトラストが人気商品であることが分かる!” の続きを読む

フレンズプロビデントを継続できる人は「資産移転ツール」と考えている

フレンズプロビデントが日本人居住の日本人の受け入れを停止して3年以上が経った。

徐々に解約する人も増えているようだが、日本人が契約できるマン島籍の純正オフショア積立投資商品はフレンズプロビデント以外にRL360°(ロイヤルロンドン360°)しかなく、お宝金融商品なので継続することをおススメしたい。

“フレンズプロビデントを継続できる人は「資産移転ツール」と考えている” の続きを読む

RL360°などのやり方は?IFAの選定やコンタクトの取り方は?

RL360°(ロイヤルロンドン360°)などのオフショア積立投資商品について興味があるものの、どうやって契約すればいいかわからないと言った方や、IFAの選定やIFAとのコンタクトの取り方がわからない人がいるようだ。

“RL360°などのやり方は?IFAの選定やコンタクトの取り方は?” の続きを読む

rl360°(ロイヤルロンドン360°)の日本語対応や通訳サポートは?

海外投資に興味がある人は多いと思う。

だが、海外であるがゆえに、英語ができずに諦めている人もいるかもしれない。

この問題を解決するには、日本語対応しているIFAを介して契約すればいいだけだ。

“rl360°(ロイヤルロンドン360°)の日本語対応や通訳サポートは?” の続きを読む

rl360°(ロイヤルロンドン360°)の投資方法や申し込み方法は?

オフショア籍の金融商品に興味を持つ人はどこで情報を得るのだろうか?

インターネット?知人の紹介?

興味を持った後に実際に契約をするのであれば、正しいルートで契約を行う必要がある。

“rl360°(ロイヤルロンドン360°)の投資方法や申し込み方法は?” の続きを読む

RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立商品の年利・利回りは?

RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立商品Quantum(クォンタム)、気になるのは年利や利回りだろうか?

積立型の投資信託商品なので、数字が確定している訳ではない。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立商品の年利・利回りは?” の続きを読む

RL360°(ロイヤルロンドン360°)の契約で最も重要な事はIFAの選定

オフショア金融投資商品の購入は、IFAを通して行うのが基本である。

どの商品を選ぶかはもちろん重要だが、それ以上にどのIFAを選択するかの方が実は重要である。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)の契約で最も重要な事はIFAの選定” の続きを読む

RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)の手数料

オフショア積み立て投資の手数料、理解していない人が多いように感じる。

RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)の手数料体系について解説してみたい。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)の手数料” の続きを読む

RL360°(ロイヤルロンドン360°)ボーナス③エクストラアロケーション

オフショア積立投資には契約初期段階でボーナスが付与されるケースが多い。

しかしながら、マン島籍のRL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立投資商品Quantum(クォンタム)には、初期だけでなく、契約途中にもボーナスが付与されるシステムがある。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)ボーナス③エクストラアロケーション” の続きを読む