RL360°(ロイヤルロンドン360°)は積立途中で停止や引き出し可能

積立投資は長くコツコツと継続することで、ドルコスト平均法を活用しながら、リスクを軽減して運用できるのが特徴である。

しかし、時には積立を継続するのが難しくなる時もあるかもしれない。

そうした時にも対応可能な方法があるのが、オフショア積立投資の大きな特徴である。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)は積立途中で停止や引き出し可能” の続きを読む

オフショア積立投資は途中引き出し可能なフレキシブルさがある

先日、知人と投資話で盛り上がった。

オフショア投資は言葉だけ知っていたようだが、オフショア投資は途中で引き出しとか出来るんですか?と質問を受けた。

“オフショア積立投資は途中引き出し可能なフレキシブルさがある” の続きを読む

初期ユニット金額が多いと手数料が高くつくので減額すべき?

オフショア積立投資は、どの商品を選択してもほぼ同様の手数料構造になっている。

初期ユニットから多くの手数料を取られるのだが、だからと言って減額したら手数料が安くなるわけではない。

“初期ユニット金額が多いと手数料が高くつくので減額すべき?” の続きを読む