RL360°(旧名ロイヤルロンドン360°) Quantum(クォンタム)CRの特徴は?

2017/8/17(木)-20(日)東京・横浜にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年8月17日(木)~20日(日)in東京・横浜。相談希望者はどうぞ!

オフショア:マン島籍で日本居住の日本人を唯一受け入れている金融商品のプロバイダーであるRL360°(旧名ロイヤロンドン360°)

その積立投資商品としてQuantum(クォンタム)Capital Redemption(CR)がある。

“RL360°(旧名ロイヤルロンドン360°) Quantum(クォンタム)CRの特徴は?” の続きを読む

RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立商品の年利・利回りは?

RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立商品Quantum(クォンタム)、気になるのは年利や利回りだろうか?

積立型の投資信託商品なので、数字が確定している訳ではない。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立商品の年利・利回りは?” の続きを読む

Sponsored Link

RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)の手数料

オフショア積み立て投資の手数料、理解していない人が多いように感じる。

RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)の手数料体系について解説してみたい。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)の手数料” の続きを読む

RL360°(ロイヤルロンドン360°)ボーナス①プレミアムインセンティブ

オフショア積立投資には、契約に応じてボーナスが付与されることが多い。

マン島籍のオフショア積立投資商品であるRL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)にもいくつかのボーナスがある。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)ボーナス①プレミアムインセンティブ” の続きを読む

RL360°(ロイヤルロンドン360°)は積立途中で停止や引き出し可能

積立投資は長くコツコツと継続することで、ドルコスト平均法を活用しながら、リスクを軽減して運用できるのが特徴である。

しかし、時には積立を継続するのが難しくなる時もあるかもしれない。

そうした時にも対応可能な方法があるのが、オフショア積立投資の大きな特徴である。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)は積立途中で停止や引き出し可能” の続きを読む

RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)の共有名義人

海外金融での特徴の一つとして、共有名義を設定できる点がある。

海外では、銀行口座でも共有名義の設定が可能であり、多くの金融商品でも共有名義の設定をすることができる。

マン島籍のRL360°(ロイヤルロンドン360°)でも2人まで共有名義の設定が可能だ。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)の共有名義人” の続きを読む

RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)の契約条件は?

オフショア、タックスヘイブンであるマン島。

RL360(ロイヤルロンドン360°)は、そのマン島が登録地であるが、日本人が唯一購入できるマン島籍の金融商品なのである。

リスクを抑えて日本からオフショア地域に資産を移すのであれば、クレジットカードを利用した積立投資を行うことが有益である。

RL360°でも積立投資商品Quantumを扱っているが、その契約条件についてまとめてみた。

“RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クォンタム)の契約条件は?” の続きを読む