FX

FX、簡単に勝てるものではない。

1998年の金融ビッグバン以降、FX会社が乱立するようになった。

2005年の円安時に急激にブーム化された。

資産を激減させている人が多いせいか、金融庁はレバレッジ規制を仕掛けている。

 

FX とは外国為替証拠金取引の事。

言葉の通り、証拠金を担保に為替の差益で損益が決まる。

証拠金により取引が出来る為、レバレッジを効かせられる。

自己資金の数百倍の為替取引を行えた。

先物取引には恐怖を覚えるが、FX にハマる人は少なくない。
(追証をしなければ大丈夫という発想?)

 

この中毒性に危機感を感じ、金融庁がレバレッジ規制を考えたのだろう。

現在のレバレッジは25倍まで。

決して25倍であれば大丈夫という訳ではない。

 

FXで勝てる人は5% と耳にする。

実際には5% もいないのではないだろうか。

短期的には勝ってる人を見かけるが、継続的に勝っている人をほとんど知らない。

毎日相場を見ているディーラーさえも安定的に勝てる世界ではない。

世界で1日に何兆円と動いている為替相場で、個人投資家が勝てるほど甘くはない。

 

確率論的にも負ける勝負。

スプレッドが小さくなっているとは言え、勝率が5割を超える事は100%有り得ない。

ルーレットで緑(0)があって、勝率が5割を超えないことはわかっていても、FX になるとそうした考えを忘れてしまう。

冷静さを欠いてしまうのがFX だ。

スプレッドも狭くなったが、スリッページがあるのも現状。

 

日本円だけを所有するにはリスクがあるので、通貨を分散する考えは正しい。

それであれば、海外に銀行を持つべきだ。

日本でFX をしても、最終的には日本円に戻さなければならない。

これでは全くリスクヘッジになっていない。

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

“FX” への 3 件のフィードバック

  1. 私の同業者に売り上げが低下してきて、その穴埋めをFXでしようと試みた会社がありました。
    結果は倒産。世の中そんなに甘くないですよね。素人が相場モノに手を出して儲かれば額に汗して
    働かなくていいですもんね。

    1. Y.Mさま

      FXで穴埋めを考えるとは、かなりのギャンブラーですね。
      FXはどこまで言ってもギャンブルなので、手を出さない方が賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です