海外駐在・移住している日本人がHSBC香港の口座を作るには?

仕事の関係で海外に駐在していたり、リタイアして海外に移住している人でもHSBC香港に興味がある人はいるはずだ。

日本居住の日本人がHSBC香港を作る際の必要書類はインターネットを探せば出てくると思うが、日本に居住していない日本人はどのような書類が必要になるのだろうか?

“海外駐在・移住している日本人がHSBC香港の口座を作るには?”の続きを読む

Sponsored Link

シングルマザーの為の資産運用講座!日本の生命保険じゃ子供に資産は残せない!!

シングルマザーの方にとって、子供は目に入れても痛くない存在だと思う。

そんなお子さんの為にしっかりとお金を残したい、資産を構築してあげたいと思うなら、国内の生命保険などの金融商品に頼ってはいけない。

“シングルマザーの為の資産運用講座!日本の生命保険じゃ子供に資産は残せない!!”の続きを読む

HSBC香港の共有口座は2人揃わないと開設できない!

日本人にもお勧めのオフショア銀行口座であるHSBC香港。

共有口座が作れる事も、日本の銀行にはない大きな特徴である。

共有口座はどのように作れるのだろうか?

“HSBC香港の共有口座は2人揃わないと開設できない!”の続きを読む

海外移住を考えているのなら先に資産移動を行っておこう!その為のツールがオフショア積立投資!

ひと昔前と比較すると、海外移住を考える人が増えていると思う。

いざ移住が決定となった際に行動を始めるのはなく、先に行っておいた方が良いこともあるが、その一つが資産の移動である。

“海外移住を考えているのなら先に資産移動を行っておこう!その為のツールがオフショア積立投資!”の続きを読む

フレンズプロビデントやRL360°、インベスターズトラストの成績(時価総額)の確認方法とは?

フレンズプロビデント(Friends Provident)やRL360°(旧名ロイヤルロンドン360°)、インベスターズトラスト(Investors Trust)などのオフショア積立投資を契約すると、毎月コツコツと積み立てていくだけとなるが、その成績は気になるところ。

1年に1回レポートが郵送されるプロバイダーが多いが、インターネット上で成績を確認する事も可能である。

“フレンズプロビデントやRL360°、インベスターズトラストの成績(時価総額)の確認方法とは?”の続きを読む

HSBC香港の資産運用、活用術は?金や株式投資もできるが基本は資産防衛口座!

HSBC香港の口座開設に興味を持っている人も多いと思う。

HSBC香港は銀行口座であるので、HSBC香港の口座を持ったからと言って資産が飛躍的に伸びる訳ではないが、投資もできる口座である。

“HSBC香港の資産運用、活用術は?金や株式投資もできるが基本は資産防衛口座!”の続きを読む

HSBC香港の口座開設や凍結・休眠解除、自分でできないなら有料サポートを利用するしかない!

HSBC香港の口座開設、金融に関するある程度のテクニカルターム(専門用語)を含む英会話や必要書類が整っていれば、可能と言える。

(それでも口座開設の理由などを真っ当に答えないとNGになるケースがある。)

逆に、英語や専門的なやりとりに自信がない人は、自力での口座開設は困難なので有料サポートを受けるしかない。

“HSBC香港の口座開設や凍結・休眠解除、自分でできないなら有料サポートを利用するしかない!”の続きを読む

フレンズプロビデントの手数料など商品概要はどうなってるんだっけ?と感じたらIFAに相談してみよう!

フレンズプロビデント(Friends Provident)が日本居住の日本人を受け入れ停止してから約5年が経過した。

フレンズプロビデントはお宝証券となっているだけに、契約されている方は頑張って継続する事をお勧めしたい。

“フレンズプロビデントの手数料など商品概要はどうなってるんだっけ?と感じたらIFAに相談してみよう!”の続きを読む

海外オフショアにも医療保険はあるがお勧めできない理由とは?

オフショア金融商品で代表的なものと言えば年金積み立てプランと生命保険だと思う。

もちろんその他の金融商品もある。

例えば医療保険もあったりするが、お勧めできる商品とは言い難い。

“海外オフショアにも医療保険はあるがお勧めできない理由とは?”の続きを読む

サラリーマンの為の資産運用講座!厚生年金だけでは不安でも国内金融商品で将来資産を構築できない時代!

サラリーマンの人は会社の厚生年金に加入して、退職後も安泰!という時代ではなくなった。

厚生年金は会社により待遇がまちまちであり、そもそも代行返上し、確定拠出年金に舵を切っている会社が多い。

昔はほっといても利回りが増えたのだが、今はそうした事無く、会社が責任を放棄していると言えなくもない。

“サラリーマンの為の資産運用講座!厚生年金だけでは不安でも国内金融商品で将来資産を構築できない時代!”の続きを読む