LCCで気軽に香港に飛べる有難い時代!オフショア金融商品も身近になったが資産移転のハードルは上がった!

2017/12/28(水)-30(金)愛知県内にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 相談希望者はどうぞ!

沖縄に来ています。

LCC(Low Cost Carrier)を使うと、ホントに安く遠くに行ける時代になった。

だが、お金が国境を超える事はだんだんと困難になっている。

“LCCで気軽に香港に飛べる有難い時代!オフショア金融商品も身近になったが資産移転のハードルは上がった!” の続きを読む

日本の金融機関は人員・店舗数とも過剰!収益力低下や金融システムの安定が損なわれる可能性あり!by日本銀行

日本の金融商品で運用利回りが出ない理由の1つに、コスト高があげられる。

その問題点を日本銀行が指摘しているようだ。

“日本の金融機関は人員・店舗数とも過剰!収益力低下や金融システムの安定が損なわれる可能性あり!by日本銀行” の続きを読む

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

オフショア金融商品・保険会社が日本から撤退する時の理由は2つに大別される!

年々日本人が契約できる商品が減少しているオフショア籍の金融商品。

かつては日本でも契約できたものの、日本市場から撤退した会社・商品もある。

その理由は大きく2つに分けられる!

“オフショア金融商品・保険会社が日本から撤退する時の理由は2つに大別される!” の続きを読む

不動産投資で成功している人は不労所得ではなくビジネスにしている!

意外と身近な資産運用法として「不動産投資」があると思う。

身近に感じるのは、セミナーが頻繁に行われていたり、ワンルーム投資の電話が掛かかってくるからであろう。

“不動産投資で成功している人は不労所得ではなくビジネスにしている!” の続きを読む

HSBC香港の口座を休眠・凍結・ロックさせない方法とは?1年に1回のアクティブ化を忘れない為の㊙テクニック!

年々口座開設が厳しくなっているHSBC香港の口座開設。

口座を持っている人は凍結されないようにしなくてはならないが、一定割合でロックされてしまう人がいる。

“HSBC香港の口座を休眠・凍結・ロックさせない方法とは?1年に1回のアクティブ化を忘れない為の㊙テクニック!” の続きを読む

資産運用の勉強はどうやってすればいいですか?国内銀行マンや証券会社・保険会社の営業マンに相談してもカモられるだけ!

「資産運用の勉強はどうやってすればいいですか?」という、回答がとても難しい質問を受ける事がある。

お金の相談を相談できる人が周りになかなかいないのが、日本人の普通な環境だと思う。

“資産運用の勉強はどうやってすればいいですか?国内銀行マンや証券会社・保険会社の営業マンに相談してもカモられるだけ!” の続きを読む

日本と海外の金融商品を複利で回してみた時の比較をしてみたら?利回り4%だとどうなる?

昨日、海外の金融商品は4%くらいは安定的に運用できると説明した。

日本では1%も出れば良い方だが、1%と4%の差はどれくらいなのだろうか?

複利で回ると大きな数字となってくる。

“日本と海外の金融商品を複利で回してみた時の比較をしてみたら?利回り4%だとどうなる?” の続きを読む

世界の国債比較!先進7ヶ国(G7)の利回りを比較してみた。日本は異常な低金利!

日本は資産運用に適さない国だが、その背景に日本国債の金利が低い事が上げられる。

では、海外の国債はどれくらいの金利となっているのだろうか?

“世界の国債比較!先進7ヶ国(G7)の利回りを比較してみた。日本は異常な低金利!” の続きを読む

オフショア投資の勧誘や営業とは?投資助言・代理業でも特定の一商品だけの話をするのはNG!

日本の金融庁に登録されていない金融商品の勧誘や営業活動は、金融商品取引法で禁止されている。

なので、オフショア投資商品は勧誘や営業ができないが、勧誘や営業とはどのような事を指すのだろうか?

“オフショア投資の勧誘や営業とは?投資助言・代理業でも特定の一商品だけの話をするのはNG!” の続きを読む

オフショア積立投資のスイッチング手数料はいくら?

日本にいながらクレジットカードを利用して海外投資ができるオフショア積立投資。

毎月積み立てたお金はファンドとして運用される。

そのファンドは数種類選択でき、途中でスイッチング(入れ替え)もできるが、その際のスイッチング手数料はどれくらいになるのだろうか?

“オフショア積立投資のスイッチング手数料はいくら?” の続きを読む