1998年の個人的流行語は「ビックバンBIGBANG」

2018年12月30日~2019年1月6日in愛知!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

1998年、今思えば時代の一つの転換期だったかもしれない。

景気は下降し、山一証券が破綻に追い込まれた。

そんな1998年は日本でビックバンに点火された時期でもあった。

“1998年の個人的流行語は「ビックバンBIGBANG」” の続きを読む

オフショア投資商品(金商法)と医薬品(薬事法)は似ている

オフショア投資商品を購入するのは何の問題もない。

しかし販売・営業などには制限がかけられている。

これは医薬品と法的扱いが似ている。

“オフショア投資商品(金商法)と医薬品(薬事法)は似ている” の続きを読む

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★ https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!をポチっとしてもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link

日本の文化財の維持・管理には費用が掛かる。みんなで助けよう!

毎年春と秋に行われている「京都非公開文化財特別公開」。

今春は2014年4月26日(土)~5月6日(火・祝)、ゴールデンウィークに開催されるので、日本の文化財維持のために、お時間のある方は是非足を運んでいただきたいと思います。

“日本の文化財の維持・管理には費用が掛かる。みんなで助けよう!” の続きを読む

日中共同声明と戦後賠償請求放棄の適用範囲はどこまで?

中国国内でのある裁判の判決が波紋を呼んでいる。

1936年に日本の海運会社(後に商船三井と合併)が1年契約で中国の会社から借りた2隻の船舶についての「未払い賃料」に関する裁判。

商船三井の船舶を差し押さえ判決を出した。

“日中共同声明と戦後賠償請求放棄の適用範囲はどこまで?” の続きを読む

中国GDP減速、シャドーバンキング動向など中国経済の行方は?

中国のGDPが減速傾向にある。

シャドーバンキングの破綻からのバブル崩壊も危惧されているが、中国国内ではどのように考えられているのだろうか?

“中国GDP減速、シャドーバンキング動向など中国経済の行方は?” の続きを読む

世界でオフィス費用の高い地区はどこだ?アジアではない!!

会社はオフィスを構え、従業員を構えて事業活動を行うのが基本。

しかし、この基本的な固定費はもちろん世界共通ではない。

“世界でオフィス費用の高い地区はどこだ?アジアではない!!” の続きを読む

既存客を大事にする事が新規客を増やすポイントだが携帯業界は?

日本国内で契約されている携帯電話は約1億3000万本になるらしい。

日本人口とほぼイコール。

新規顧客の発生はほぼ見込めない数字だ。

“既存客を大事にする事が新規客を増やすポイントだが携帯業界は?” の続きを読む

日本とオフショアの投資商品の手数料構造の違い。

資産運用をする時に気になることの一つが手数料だろう。

いくら儲かっても手数料で相殺されたら意味がない。

日本とオフショアの積立投資商品の手数料構造の違いで、資産運用に対する考え方の違いが見えてくる。

“日本とオフショアの投資商品の手数料構造の違い。” の続きを読む

会社と労働者、強いのはどちらかと言えば間違いなく会社側

日本の雇用形態に変化が見られている感じだ。

パート社員を正社員化する動きが加速している。

しかし、正社員と言えど「限定正社員」。

“会社と労働者、強いのはどちらかと言えば間違いなく会社側” の続きを読む

7億円を横領してFXで運用していた?ギャンブル中毒に要注意!

サラリーマンが777万ニュージーランドドル(約7億円)を横領していたニュースをやっていた。

そのお金は外国為替証拠金取引(FX)に使われていたようだが、ミスをミスを呼びこのような額まで膨れ上がったのではなかろうか?

“7億円を横領してFXで運用していた?ギャンブル中毒に要注意!” の続きを読む