投資信託

投資信託を英語にするとFund(ファンド)。

しかし、ファンドを和訳しても投資信託ではない。

ファンドには多様な商品があり、投資信託はその一部。

言葉の違いと共に、投資信託とファンドでは商品特性も異なる。

 

ファンドには株価指数に連動したもの以外に、多種多様な組成商品が存在する。

こうしたファンドには良いイメージと悪いイメージがあるが、保守的でなく金融業界がアクティブに動いてる証拠であろう。

日本での投資信託は古風と言うか、単なる証券化商品のイメージが強い。

日本と海外では金融市場に大きな差があり、投資信託・ファンドのイメージの違いもそこからくるのであろう。

 

日本と比較して海外でファンドを購入すれば、

・選択できるファンド数が多い

・手数料が安い

 

と言った違いが生じる。

 

また、ラップ口座を利用してファンドを購入すれば、

・相場に合わせてファンドをスイッチング出来る

・複数の商品を同時に持てる(ポートフォリオを構築できる)

・税金の繰越作用

 

と言ったメリットも享受できる。

 

日本国内で投資信託を契約すると、短期間での契約は難しいはずだ。

数年以上の契約となっているはずである。

「この商品、どんどん値下がりしそうだな」と思っても、解約するには解約手数料が生じる。

ただでさえ高い日本の投資信託、逃げる事も簡単には許されない。

 

銀行や証券会社で投資信託が扱われており、営業マンに声も掛けられる。

彼らは1年も経てば、違う商品を営業してるのでは?

会社の方針に合わせて営業しているだけで、商品特性など把握してないことも多い。

 

日本の投資信託を単品で購入する事など止めるべきだ。

日本であまり知られていないラップ口座、海外では当たり前に活用されている。

 


“投資信託” への 3 件のフィードバック

  1. リーマンショック以前に銀行で投資信託を購入。グローバルソブリン、DIAMワールドインカムなど。その後、リーマンショックがあり、大幅に下落。毎月分配型というものを購入していました。毎月分配金が通帳に振り込まれているので安心していました。ところが、利益が出ている時はそこから配当金という形で振り込まれるのですが、赤字の場合、自分の元金から分配金が支払われるようです。つまり、自分の投資したお金を毎月もらっているようなもの。そのため、解約時には当然のごとく元本が割れる。毎月分配型の文句に騙されてしまったようです。

      1. 同感です。最近は、銀行員とは投資関係の話はしないようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です