学資保険

香港保険投資!オフショア金融センターのプランは資産運用/貯蓄と保障が別の物ではなく両立可能で国内の考えと異なり金融格差大!

「保険で資産運用は無理」とか「貯蓄と保障は別の物」と言われるが、それはあくまで日本国内の話である。海外のオフショア金融センターの保険会社が提供しているプランであれば資産運用ができる貯蓄型保険商品や貯蓄と保障が両立できる生命保険があったりする。
記念日

6月18日は海外移住の日!先ずは資産だけでも日本から脱出させておこう!

6月18日は海外移住の日。仕事の関係などで完全に海外に移住する事が難しい人でも、部分的であっても海外を活用できるものはすべきである。そうした考えが5フラッグ理論であるが、最も有効的に活用すべきなのが資産運用であるはずだ。
生命保険

サンライフ香港のライフブリリアンスは貯蓄型生命保険商品!日本居住の日本人が契約可能なホールライフ(Whole Life)プラン!

海外の生命保険は日本で販売されているものとは比較にならないような利回りとなっている。ホールライフと呼ばれる貯蓄型生命保険で日本居住の日本人を受け入れているサンライフ香港社の信頼性や、その生命保険ライフブリリアンスの概要について解説してみたい。
オフショア

香港IFAランキング!保険会社との提携数や取り扱い商品が多く、クライアントが多数の国にいてサポートレベルが高い正規代理店を選ぼう!

オフショア投資は契約時から事後サポートまでを正規代理店である「IFA」がお世話してくれる事になる。日本人を受け入れているIFAは10社ほどあると言われているが、どのIFAを選択するかがとても重要となる。IFAのお勧めランキング、知りたいですか?
生命保険

香港保険業監管局(Hong Kong Insurance Authority₌HKIA)の登録確認方法!IFA₌正規代理店選択での最重要(最低限)チェックポイントとは?

香港の保険を契約するのであればHKIA(Hong Kong Insurance Authority=香港保険業監管局)に登録されている正規代理店=IFAで直接契約するのが大鉄則。正規代理店のように装っている会社もあるので、その確認方法についての解説をしてみた。
税金

円安抑制策としてレパトリエーションを促す為のレパトリ減税は有効的か?個人も法人も資産保全の為に国際分散投資すべき!

円安抑制対策として、日本企業が保有する外貨を国内へ送金する際の法人税を減免させるレパトリ減税を検討中?海外に資金を流しているのはビジネス目的や投資・資産運用、節税などの理由があると思うが、そうした目的があれば簡単に日本に資金還流しないと思う。
スタンダードチャータード銀行

スタンダードチャータード香港(Standard Chartered Hong Kong)銀行口座開設まとめ!アプリ利用でATMカードのアクティベートも楽々!

スタンダードチャータード香港(Standard Chartered Hong Kong)の銀行口座を開設してきたので、まとめとして紹介したい。HSBC香港同様に口座開設自体は業者にお願いしないと困難だ。アプリ利用でATMカードのアクティベートも簡単にできるようになっている。
オフショア

日本と海外の生命保険商品の死亡保険金の最高額は?国内では15歳未満の被保険者には制限があるがオフショア地域では多額に掛けられる!

生命保険の死亡保険金額はいくらまで設定できるのだろうか?これまでの最高額はどれくらいなのだろうか?国内と海外の生命保険の違いを知ると実力差が分かるので、どこでどのように資産保全や資産運用を行っていけば良いかの結論を導き出せるはずだ。
オフショア

海外積立や保険商品等のオフショア投資の紹介者・代理人・仲介会社は全く無意味な存在!正規代理店=IFAと直接契約すべし!

オフショア籍の海外積立投資商品や保険商品は正規代理店=IFAと直接契約し、契約時だけでなく事後サポートまでをお願いする事になる。紹介者や代理人、仲介会社と呼ばれる人や会社は不要な存在である。正規代理店(IFA)と直接契約しなければ後々痛い目に遭うので要注意!
オフショア

RL360やインベスターズトラスト契約者で紹介会社・仲介会社と連絡が取れなくなるケースが増えている?正規代理店=IFAと直接繋がれ!

RL360やインベスターズトラストの契約で、正規代理店(IFA)との間に紹介会社や仲介会社を通した結果、そうした紹介会社や仲介会社の電話やメールアドレスが後々繋がらなくなって投資難民化する人が多い。IFAとは直接繋がるのが原理原則なので正しく契約しよう。