将来的に死亡保障額を担保に非課税で年金を受け取れる貯蓄型生命保険が香港にはある!保険と貯蓄が両立できるFTLifeのOn Your Mind!

「保険と貯蓄は別物」と言っている人がいる。

日本の保険・金融商品を背景にそう言っているのであれば合っているような気もするが、それでも尚、間違っているような…

日本は保険も貯蓄も利回り悪いが海外は両立可能!

日本では保険と貯蓄は別物と言うが、そもそも保険としても貯蓄としても利回りが悪い。

なので、その言葉が合っているかと言えば間違っているだろう。

別物と言う以前に、日本国内の保険会社が提供する商品で保険も貯蓄も考えるべきではない。

では、海外ではどうだろうか?

結論から先に書けば、保険と貯蓄の両立ができる。

海外の貯蓄型生命保険は運用によって死亡保障額も解約返戻金(≒貯蓄)も年々上昇していくのだ。

4%程度で運用されているので、72の法則に照らし合わせれば18年で資産が倍になる計算だ。

日本の生命保険は契約時に設定した死亡保障額が増えていく事はなく、解約返戻金も満期近くになって少しプラスになればいい方だ。

これではインフレには対応できず、実質的に資産価値が目減りしていってしまう。

契約後直ぐに亡くならなければリターンを得られないのである。

一方、海外の貯蓄型生命保険は死亡保障額も解約返戻金(貯蓄)も年々上昇していく。

解約返戻金が支払った保険料を超えるのは契約12~3年後である事が多いが、その後はどんどん貯蓄額が増えていく。

日本の保険会社が提供する商品とは異なり、契約期間が長ければ長いほど、即ち、長生きすればするほどリターンが大きくなっていくのである。

日本ではタブーとなっている保険と貯蓄の両立ができるのだ。

現役時代のもしもの時に備えた生命保険と老後を見据えた貯蓄が両立できると考えれば、とても魅力的な商品と言える。

また、香港では死亡保障額を担保に非課税で年金を受け取れる貯蓄型生命保険がある。

それは、FTLife社が提供しているOn Your Mindという商品だ。

FTLife社の生命保険On Your Mind!現役時代は死亡保障が厚く、将来的に保険証券を担保に融資を受けられるが借り入れになるので非課税!

上述してきた通り、海外の生命保険は契約期間が長ければ長いほど死亡保障額が増えていくのだが、その死亡保障額を担保にして、60歳以降に年金として受け取れるスキームになっている。

このスキームはリバースモーゲージと呼ばれている。

リバースモーゲージは死亡保障額を前借りするようなイメージであるが、証券は解約せずに維持されるので、万が一の時には死亡保障額から受け取った年金分を差し引いた分が死亡保障として遺族に渡される。

リバースモーゲージで受け取れる年金は死亡保障額に対して担保率が計算されるので、死亡保障額を使い切って証券価値が0になる事もない。

また、リバースモーゲージで受け取れる年金は、あくまで証券を担保にお金を借り入れている事になるので借金扱いとなり、非課税となる。

生命保険と老後資金を両立させながら、非課税で年金を受け取れるのは凄い事だと思う。

(被保険者が亡くなって遺族が死亡保障額を受け取った時には、相続税の対象となる。)

日本では考えられないような話であるが、海外、特にオフショア金融センターである香港に目を向けると次元の違う保険商品があったりするのだ。

 

☆ご質問やご相談はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link