学資保険

オフショア

サンライフ香港やFTLife、パシフィックライフやパンアメリカンライフなどのシミュレーションは正規代理店IFAに直接お願いしよう!

海外・米国やオフショア籍の保険は日本の保険とは比較にならない利回りとなっているとは良く聞く話。実際にシミュレーションをしてみればその差を確認できる。シミュレーションを出せるのは正規代理店=IFAなので、気になる方は直接連絡すべし。
学資保険

がん保険/医療保険は細かな約款により受給できないケースが多い!?日本の保険会社の営業マンは保険金を支払わないで済むと評価が上がる!?

日本のがん保険や医療保険は契約時に想定していた通りに保険金が支払われないケースが多いらしい。それだけ約款が細かく保険金を出さないようにしているそうだが、保険金を支払わずに済むクライアントが多いと保険営業マンの評価が上がるそうだ。
オフショア

香港などのオフショア保険の種類やおすすめは?登録国の保険業を管理監督する機関に認可された正規代理店IFAと直接契約する事が重要!

「海外の保険商品は日本とは比較にならないほどの利回りで運用されている。」とは良く聞く話。 事実、年間利回り4%程度で運用されている商品は多い。 利回り4%だと18年で資産が2倍になる計算であり、日本の保険会社では到底出せない数値であろう。 ...
学資保険

論破王ひろゆき氏の投資・資産運用に対する考えで同意する部分が多い!経済的に余裕がないと騙されやすい!ムダな保険に入るない!

論破王ひろゆき氏の投資・資産運用に対する考えが興味深い。余裕資金での投資でないと詐欺に遭いやすく騙されやすいそうだが、それは心の余裕がなく冷静な判断ができないからだと予想できる。先ずは無駄な保険に入らずに余裕資金=心の余裕=判断力を上げていく事が重要だと思う。
オフショア

保険を半額以下でお得に加入する方法とは?将来的な死亡保障額や解約返戻金(貯蓄性)を比較すると、契約商品によってお得に加入できる!

保険を半額以下でお得に契約できる方法はあるのだろうか?同じ保険会社の同じ商品を同じ被保険者で安く契約出来る事はできないが、保険会社を変えてみる事で比較はできる。だが、日本国内の保険会社を比較しても良い商品は見つからず、団栗の背比べである。
学資保険

祖父母が契約者、孫が被保険者で生命保険や学資保険を購入できる?相続対策で海外オフショアの金融商品を活用する人も少なくない!

祖父母が契約者となりお孫さんを被保険者として保険の契約を考える方もいる。そうしたスキームも可能だが、根本的に日本の保険で利回りが出るものはほとんどない。本当にお孫さんの為を思うのであれば、利回りが出る価値ある保険を契約すべきである。
NISA&iDeCo

学資保険・教育費用確保の為に廃止予定のジュニアNISAに慌てて加入するのなら、海外オフショアの金融商品を活用した方が良いのでは?

ジュニアNISAは2023年に廃止されることが決定している。学資保険目的で慌ててジュニアNISAへの加入を考えている人がいるかもしれないが、少し視野を広げて、海外オフショアの金融商品を活用する事を考えた方が良いのではないだろうか?
学資保険

学資保険の加入率や利用率・保障内容満足度・期待度・リピート率ランキング!日本の金融商品は利回りが低過ぎて入る価値がありません!

学資保険の契約を考えていて、インターネットを使って人気ランキングを検索する人もいると思うが、どれも利回りが低く納得できないのではないだろうか?日本の学資保険・金融商品は団栗の背比べであり、ランキング化しても低いところで競っているだけである。
オフショア

赤ちゃんが生まれて子供の為に安全で高利回りの学資保険を検討中の方にお勧めの金融商品とは?海外オフショアの汎用性のある商品を推奨!

日本の学資保険の利回りは低すぎる。香港などの海外であれば安定的に4%と高利回りで運用されているが、汎用性を考えれば学資保険ではなく生命保険などを選択した方が良い。一部引き出しもできるし、教育資金に限らず活用範囲が広くなる。
学資保険

学資保険は赤ちゃんの頃にスタートするなら貯蓄型生命保険、小学校入学後ならばオフショア積立やサンライフコミットメント等がお勧め!

お子さんの教育費用捻出の為に学資保険の加入を考えている人もいると思う。日本の学資保険は利回りが低いのでお勧めできないが、海外オフショアの活用を検討している人もトータルバランスでどの金融商品を契約すべきを考えるべきと思う。