貯蓄型保険

相続

外貨建て保険や変額保険は契約通貨が変更可能?海外には契約者や被保険者が変えられたり証券分割できるプランも存在し利回りも高い!

外貨建て保険や変額保険が人気のようだが良い商品なのだろうか?そもそも自由度がとても小さい。海外の貯蓄型保険商品は利回りが良いだけでなく、通貨の変更、契約者・被保険者の変更、証券分割など自由度が高く、日本人にとってもとても有用な商品となっている。
商品・サービス

今人気の変額保険ランキング!?利回りを比較すれば海外の貯蓄性保険商品の方が優位性があり国産分散投資で資産保全も可能となる!

日本の保険会社での売れ筋商品は変額保険だそうだ。保険会社が運用するとなっているが、インデックスやセクターを選ぶような形になっている。マイナスになる可能性もあるが保険会社はリスクを負う必要もなく売りやすいのだろう。海外の貯蓄型保険商品の方が良いと思う。
貯蓄型保険

貯蓄型保険商品は自分の将来や老後資金の為か/子供や孫に資産承継する為か/法人の節税プラン目的で活用するかで契約商品が異なる!

貯蓄型保険商品と言えど、自分の為の将来資金・老後資金目的で活用するのか、お子さんやお孫さんの為に資産承継プランとして契約するのか、はたまた法人での節税・損金計上目的とするのかで契約すべき商品は異なる。どんな商品が当てはまるのかの例をまとめてみた。
学資保険

香港保険投資!オフショア金融センターのプランは資産運用/貯蓄と保障が別の物ではなく両立可能で国内の考えと異なり金融格差大!

「保険で資産運用は無理」とか「貯蓄と保障は別の物」と言われるが、それはあくまで日本国内の話である。海外のオフショア金融センターの保険会社が提供しているプランであれば資産運用ができる貯蓄型保険商品や貯蓄と保障が両立できる生命保険があったりする。
オフショア

サンライフ香港(Sun Life hk)の評価や評判は?生命保険/相続/配当/貯蓄性保険商品etc 信頼性の高いオフショア金融商品のプロバイダー!

オフショア籍の保険会社であるサンライフ香港(Sun Life hk)。歴史や格付け会社からの評価などを基に信頼性についてまとめてみた。また、どのような商品を提供しているのか?そうした商品に興味がある日本人はどのように行動すれば良いのか?についても解説してみた!
貯蓄型保険

サンライフ香港SunJoy Global(サンジョイグローバル)の商品概要や特徴/評価まとめ!運用利回り約7%の貯蓄型保険商品で契約を推奨できる!

サンライフ香港社(Sun Life)の貯蓄型保険商品サンジョイグローバル(SunJoy Global)の商品概要や特徴まとめ。利回り約7%で運用される商品で運用効率が良いだけでなく、契約者や被保険者の変更や証券分割が可能なので資産承継にも適した商品と言える。
貯蓄型保険

サンライフ香港SunGift Global(サンギフト グローバル)は貯蓄性保険商品!利回り約7%で資産保全/資産運用/資産承継可能プランで高評価!

サンライフ香港の貯蓄型保険商品SunGift Globalの商品概要や特徴のまとめ。利回り約7%で運用されているだけでなく、契約者や被保険者の変更や証券分割も可能となっていて、資産承継プランとしても評価できる。日本の保険会社では提供できないプランと言えるだろう。
貯蓄型保険

Fubon Life(フボンライフ香港)の貯蓄型保険商品Prosperity Booster Whole Life Plan 5!法人契約で損金計上や役員退職金構築可能!

Fubon Life Insurance (Hong Kong) Company Limited(フボンライフ香港)の貯蓄型保険商品Prosperity Booster Whole Life Plan 5の商品概要まとめ!日本の保険商品では達成できない利回りとなっている。法人契約も可能で、資産圧縮での損金計上や役員退職金構築も可能なプラン。
生命保険

香港保険のメリット・デメリット!サンライフなどオフショア金融センターの商品は利回り以外の利点もあるがサポートが無ければリスク大!

オフショア金融センター香港の保険商品は利回りが良いなど多くのメリットを享受できる。だが、投資商品故にリスクやデメリットを把握しておきたいと考える人も少なくない。IFAと直接繋がっていれば良いが、紹介者や仲介会社経由だとデメリットになる事がとても多い。
税金

法人のお金を個人に移して損金計上可能?資産価値圧縮可能な保険を契約後に譲渡すれば現金受け取りより個人所得税&贈与税節税の効果大!

法人から個人へ財産を移すと、譲渡された個人は所得税の課税対象となる。譲渡する時に資産価値を圧縮できれば、その所得税を減額させられる効果があるが、それだけでなく、法人側も損金算入できるメリットがある。そうした保険がかつて日本にあったのだが...