資産移転・資産フライト

日本社会

9月1日は防災の日!身の回りの安全をチェックしつつ命の次に大事なお金の居場所を考えよう!

9月1日は防災の日。天災が多い国日本であるが、死んでしまったら意味がないので、身の安全を守る行動を心掛けなくてはならない。また、命の次に大事と言われるお金についても、その安全性について考えなくてはならない。
日本経済

政策金利を上げられない日本円の将来は?世界との経済格差が増すばかりでリスク対策でのキャピタルフライト=資産逃避を急げ!

世界の多くの国が政策金利を上げている中、政策金利を上げられない日本。その理由はどこにあるのだろうか?今後も海外と日本の金利差が埋まる事は考え辛く、インフレーションの影響もあり日本円は弱くなっていくと予想できる。日本円は海外で資産保全すべき。
資産移転・資産フライト

資産移転/資産分散/資産保全/資産防衛/資産運用/資産承継すべてに適した貯蓄型保険商品がオフショア金融センター香港にはある!

お金の話をすると投資、資産運用で如何に利回りを上げていくかだけに目を向けがちだが、目的に応じて資産移転/資産分散/資産保全/資産防衛/資産承継などの考えも出てくる。これらのすべてに適した貯蓄型保険商品がオフショア金融センター香港には存在する!
資産移転・資産フライト

円安インフレ対策で日本円リスク回避のキャピタルフライト(資産逃避)は逃げるは恥だが役に立つ!?お金を守り生き抜くことが大切!

学校や職場など、一昔前までは辛くても我慢する事が美徳とされていたが、最近は如何に「逃げる」かを考えても良い時代になってきた。日本円も辛い状況にあり、今後益々辛くなっていくと思う。日本円を「逃がす」事も重要で、資産を守り生き抜く事が重要と言える。
資産移転・資産フライト

地下銀行を使うより堂々と資産移転をする時代!クレジットカードでの引き落とし可能で利回り6~7%の貯蓄型保険商品が香港にはある!

広域強盗事件で日本で得た犯罪資金を女が渡航してフィリピンに運んでいたようだ。所謂、地下銀行である。犯罪資金ではなく合法的に得た日本円の余裕資金は、銀行送金やクレジットカードでの引き落とし可能な香港の貯蓄型保険商品で堂々と資産移転・資産保全させれば良い。
NISA&iDeCo

新NISA制度etcリスクが高まる日本(鳥かご)の中で資産運用を行うより海外オフショアの保険商品や積立投資商品を利用して資産逃避すべし!

新NISA制度にワクワクしている人が多いように感じるが、日本円リスクが高まっている事を感じないのだろうか?新NISA制度は日本というリスクが高まる小さな鳥かご中に閉じ込められるようなものだ。海外オフショア籍の保険商品や積立投資商品を利用して資産逃避をすべし!
オフショア

日本居住の日本人は日本の税制適用となるが海外投資/オフショア保険商品に非課税で年金受給可能商品や相続税対策・資産承継プランあり!

海外オフショア籍の金融商品は日本では非課税だと勘違い人もいるようだが、そんな事はなく、日本に居住している限りは日本の税制が適用される。しかし、海外オフショア籍の金融商品では日本の税制でも非課税と成り得るスキームを持ったプランも存在するので興味深い。
貯蓄型保険

貯蓄型保険商品は自分の将来や老後資金の為か/子供や孫に資産承継する為か/法人の節税プラン目的で活用するかで契約商品が異なる!

貯蓄型保険商品と言えど、自分の為の将来資金・老後資金目的で活用するのか、お子さんやお孫さんの為に資産承継プランとして契約するのか、はたまた法人での節税・損金計上目的とするのかで契約すべき商品は異なる。どんな商品が当てはまるのかの例をまとめてみた。
国債

新紙幣発行まで残り1年!2024年は預金封鎖し財産税・貯蓄税を導入しやすいタイミング!キャピタルフライトを急げ!

コロナウイルス対策から日本には財源がない事が分かる。国債を発行すると思うが、インフレのリスクが高まる。また、2024年の新紙幣発行のタイミングで預金封鎖して貯蓄税(財産税)導入があっても不思議ではない。早めに資産移転すべきである。
日本社会

詐欺/盗難/強盗事件対策!高齢な両親の資産はサンライフ香港のVisionで配当(年金)受給してから契約者・被保険者を名義変更して資産承継!

複雑で陰湿な事件が増えている。自宅に多額の資産を保管していると窃盗団にターゲットにされてしまうので、資産価値が上がる証券にしておいた方が良いだろう。証券は盗難されても資産の引き出しなどの悪用がされる事はないので安心だ。身の安全に対しても効果的と言える。