相続

生命保険

生前贈与・資産承継する際のポイントとは?日本の金融商品では対処が困難でも海外オフショアで活用可能な保険商品があったりする!

富裕層・資産家は相続について頭を悩ますと思うが、亡くなる直前ではなく早め早めに対処しておかなければ上手くいかないだろう。そうなると生前贈与での資産承継を行う事になるが、贈与税を軽減して相続していく為のポイントについてまとめてみた。
相続

7月29日は永くつながる生前整理の日!親子で相続について考えてみるのも金融教育の第一歩!

7月29日は「永くつながる生前整理の日」。こういう日をきっかけに親子で相続について考えてみてはいかがだろうか?日本は家庭内で金融教育がされないと言われるが、相続の話をするのは金融教育の第一歩と言えるだろう。
不動産

現金所有が少なめの不動産所有者向け相続対策としてプレミアムファイナンス活用での海外生命保険パンアメリカンライフの契約スキーム!

資産価値が現金よりも不動産が遥かに大きい方は相続対策に頭を悩ますはずだ。生命保険を検討する人もいると思うが、国内生保では保険料・保険金ともに厳しいと思う。プレミアムファイナンス活用で海外生命保険を契約するスキームについてご紹介したい。
相続

一定期間の生前贈与が相続税の課税対象となる相続税と贈与税の一体化!?資産承継は資産価値向上も含めて急いで検討すべき状況と言える!

亡くなる3年以内に贈与したお金は相続税の対象となるが、この期間を10~15年に拡大しようという考えが政府にはあるようだ。相続税と贈与税の一体化と言われており、なるべく早く生前贈与を検討すべきだが、資産価値が上がる方法で対処しなければ意味がない。
オフショア

海外オフショア保険商品は時価総額圧縮後に資産価値が上昇する特徴あり!契約者/被保険者変更可能商品もあるので相続税対策等に効果的!

資産を圧縮させて相続税対策を行うスキームがあるが、その後に資産価値が向上しなければ単なる節税対策で終わってしまう。海外オフショアの保険商品であれば、資産価値圧縮後に複利運用によって時価総額が大きくなっていくので、利用価値がとても大きいと言える。
生命保険

相続対策で生命保険の契約が困難な高齢者が活用できるのがサンライフ香港などが提供している契約者・被保険者変更可能な金融商品!

高齢になると相続対策は困難になってくる。海外では80歳まで契約可能で契約者・被保険者を変更できる商品があり、契約直後の圧縮された解約返戻金の時期に上手く変更すれば相続対策となる。そもそも日本の生命保険で相続対策をしようにも小さな事しかできないはずだ。
相続

PC/スマホ内のデジタル遺品で相続人が困らないようにデジタル終活を行う時代!インターネット銀行のパスワードが分からない事例が多い!

デジタル社会なのでパソコンやスマホで銀行や証券口座を管理している人も多いと思うが、亡くなった後に誰もパスワードが分からずデジタル遺産の取り扱いに悩む遺族が増えているそうだ。デジタル終活についても考えなくてはならない時代となっている。
スポーツ

五輪・オリンピックは大会後に良き遺産として次世代に繋げていく事が重要!資産もレガシープランで子供・孫へと承継していく事が必要!

オリンピックは開催するだけでなく有形・無形なレガシーを遺す事が重要だ。資産も同様に日本に放置しておくと価値向上は見込めず相続税で国にがっぽりと持っていかれる。海外のレガシープランを上手く活用し、その商品概要も子供や孫に伝えていけば、有形・無形な資産承継が行える。
生命保険

資産承継・相続対策の生命保険で1億円以上の死亡保障額が必要な時に支払い保険料/掛け金を安く抑えられる費用対効果の良い商品はある?

資産承継・相続対策で1億円以上の死亡保障額が付いた生命保険の契約を考えているものの、日本国内には納得できる商品がないと嘆いている人が多い。海外に目を向けると、条件により健康診断不要で、費用対効果の良い終身型生命保険が存在するのである。
生命保険

パシフィックライフのユニバーサルライフとサンライフ香港のホールライフ(GenerationsⅡ)生命保険比較、相続対策で契約するならどっち?

サンライフ香港から終身型生命保険ジェネレーション2が2021年に上市された。富裕層向け相続対策商品と言えるが、相続対策商品としては米国パシフィックライフ社のプランも有名だ。どちらの商品を契約するのが良いのかを比較しながら考察してまとめてみた。