生命保険

オフショア

生命保険を法人契約し資産圧縮中に個人へ譲渡し損金算入!その後は被保険者/契約者を引き継いでいけば税金を納める事無く資産承継可能!?

法人から個人への譲渡可能で損金算入できる法人契約に興味を持つ経営者は多い。その後、契約者や被保険者が何度も変更が可能であれば、子子孫孫に亘って資産承継ができる。日本では考えられない話だが、オフショア金融センターである香港ではそうした商品が存在する。
生命保険

生命保険で契約者の名義変更を行っても贈与税の課税対象とならない!時価総額(解約返戻金)がプラスの時点であっても非課税!

生命保険が名義変更できる事を知らない人が多いと思うが、その際に時価総額(解約返戻金)がどれだけ多くても贈与税の対象とはならない。資産価値が大きくならない日本の生命保険ではメリットを感じないだろうが、海外オフショアの保険の場合には大きな利点となってくる。
生命保険

11月23日は生命保険に感謝する日&分散投資の日!資産運用を考える1日にしよう!

11月23日は生命保険に感謝する日であり分散投資の日となっていて、資産運用について考える日。勤労感謝の日で祝日でもあるが、勤労で得たお金の活用方法を考えるべき。感謝できる生命保険かつ分散投資となると答えはオフショア籍の生命保険と言えるだろう。
生命保険

11月23日は生命保険に感謝する日であり分散投資の日!日本国内でこれらの記念日に相応しい運用はできる?

11月23日は勤労感謝の日であるが「生命保険に感謝する日」であり「分散投資の日」でもある。日本国内の生命保険を契約して感謝する事ができるのだろうか?日本だけで分散投資はできるのだろうか?海外を活用する事を考えるべきである。
生命保険

生前贈与・資産承継する際のポイントとは?日本の金融商品では対処が困難でも海外オフショアで活用可能な保険商品があったりする!

富裕層・資産家は相続について頭を悩ますと思うが、亡くなる直前ではなく早め早めに対処しておかなければ上手くいかないだろう。そうなると生前贈与での資産承継を行う事になるが、贈与税を軽減して相続していく為のポイントについてまとめてみた。
生命保険

11月3日は話せるほけんの日!日本国内の生命保険のトークをしたらドツボにはまるだけですが…

11月3日は文化の日だが「話せるほけんの日」でもあるようだ。とは言え、日本国内の生命保険のトークをしてもプラスになる事はない。海外の生命保険の話を日本国内で自由に話せたらいいのだろうが、国内生保にとっては好ましくないらしい。
生命保険

11月3日は話せるほけんの日!保険の相談は日本国内だけでなく海外にも詳しい人にする事をお勧めします!

11月3日は【話せるほけんの日】。保険について相談できる相手が周りにいるだろうか?それが国内生保の営業マンであれば、その人が取り扱っている商品に落とし込まれるので意味がない。海外案件にも詳しい人に相談すべきである。
生命保険

オフショア生命保険会社提供の商品を活用した法人プランは円安で損金額・節税額が増えるメリットあり!?サンライフ香港など活用価値あり!

ドル建ての金融商品の場合、円安ドル高になると支払額が増えていきデメリットに感じる人が多い。だが、円ベースで考えれば時価総額が増えていくのでプラスと言える。また、法人の節税対策でオフショア保険商品を契約していれば、損金を大きく作れるのでメリットと言えなくもない。
生命保険

9月29日は保険クリニックの日!国内・海外オフショアどの商品が合っているのでしょうか?

9月29日は保険クリニックの日だそうなので、自分自身が加入してる保険について見直してみては如何だろうか?医療保険や損害保険に入りたければ日本国内の商品で良いと思うが、生命保険に限っては海外の方が利回りが圧倒的に良くなっている。
生命保険

サンライフ香港のライフブリリアンスは養老保険?海外オフショア生命保険会社Sun Life HKのLIFE Brilliance!

サンライフ香港(Sun Life HK)のライフブリリアンス(LIFE Brilliance)は養老保険ですか?という質問がきたので、養老保険とは何ぞや?という点から解説をしてみた。同じ養老保険でも日本と海外では利回りが全く異なっており、その差こそが金融格差と言えるだろう。