生命保険

オフショア

海外オフショア生命保険サンライフ香港/FTLife/パシフィックライフ/パンアメリカンライフetc正規代理店IFAで先ずはシミュレーション!

海外オフショアの生命保険は日本とは比較にならない利回りとなっており、具体的にシミュレーションしてもらえばその差は明確になる。サンライフ香港、FTLife、パシフィックライフ、パンアメリカンライフ等があり、それらの保険会社と提携している正規代理店=IFAを選定すべき。
不動産

現金所有が少なめの不動産所有者向け相続対策としてプレミアムファイナンス活用での海外生命保険パンアメリカンライフの契約スキーム!

資産価値が現金よりも不動産が遥かに大きい方は相続対策に頭を悩ますはずだ。生命保険を検討する人もいると思うが、国内生保では保険料・保険金ともに厳しいと思う。プレミアムファイナンス活用で海外生命保険を契約するスキームについてご紹介したい。
生命保険

悪いローンと良いローン(借金)!プレミアムファイナンスを活用して生命保険をお得にお安く入るのはレバレッジ効果でメリット大!

ローンと聞くと、借金なので悪いイメージを持ちがちであるが、価値ある商品でローンを組めばレバレッジが効かしたお得なスキームを組む事が可能。例えば、海外の生命保険は初期投資を抑えて契約出来たり、自身の証券を担保に年金を受け取れるプランがあったりする。
生命保険

生命保険の保険料を算出する収支相等の原則、相互扶助の原則、大数の法則、公平の法則で日本は圧倒的にバランスが悪いのでは?

生命保険の保険料を算出する四つの法則「収支相等の原則」「相互扶助の原則」「大数の法則」「公平の法則」があるが、法則に従って保険料を算出した結果として、日本の保険商品は海外と比較してとても高くなっている。格好よく法則と言っても数値が良い訳ではない。
生命保険

日本の保険商品は収支相等の原則などで成り立っておりリターンが低いのは運用が悪い証拠と言える!海外オフショアとの差は歴然!

保険会社はぼったくっている訳ではないのだろうが、ぼったくっているように思われる利回りの商品設計しかできないのが現実。保険商品は「収支相等の原則」で保険料が決定されるが、ぼったくってるのでは?と懐疑的に思われる程度の実力しかない。
学資保険

がん保険/医療保険は細かな約款により受給できないケースが多い!?日本の保険会社の営業マンは保険金を支払わないで済むと評価が上がる!?

日本のがん保険や医療保険は契約時に想定していた通りに保険金が支払われないケースが多いらしい。それだけ約款が細かく保険金を出さないようにしているそうだが、保険金を支払わずに済むクライアントが多いと保険営業マンの評価が上がるそうだ。
商品・サービス

美人局や枕営業じゃないんだろうけど…綺麗な某外資系生命保険会社の女性営業マンの話!

日本の保険営業マンは誰彼構わず接点を持ちたがり営業を仕掛けてくる。そうしたやり方で気持ち良く契約する人はいるのだろうか?もう少しマーケティングを学んだ方が良いと思うが、彼らは客を選ばないのでマーケティングの勉強には興味はないのだろう。
生命保険

海外生命保険パンアメリカンライフを米国ローン会社Gracie Pointの融資活用での契約シミュレーション!これぞプレミアムファイナンス!

海外生命保険パンアメリカンライフを米国ローン会社Gracie Pointの融資活用で契約した時のシミュレーションをしてみた!融資を使う事で契約当初の持ち出し金額が少なくなるだけでなく利回りも良くなる。また金利返済分は経費算入できるメリットもある!
オフショア

米国ローン会社Gracie Point活用により海外生命保険を割安に購入できるスキームとは?金利を経費にできるメリットもある法人向け案件!

米国ローン会社が生命保険の解約返戻金を担保に融資をしてくれ、保険料を安くできるスキームがある。保険料の初期拠出額を抑える事ができるのでレバレッジが効きリターンが大きくなる。また、金利返済分は経費として計上できるので法人向け節税保険と言える。
オフショア

将来的に死亡保障額を担保に非課税で年金を受け取れる貯蓄型生命保険が香港にはある!保険と貯蓄が両立できるFTLifeのOn Your Mind!

日本では保険と貯蓄は別物と言われるが、そもそも日本の保険会社が提供している保険商品や貯蓄性商品(年金プランetc)でお勧めできるものはない。一方、香港などでは保険と貯蓄が両立でき、死亡保障(保険証券)を担保に非課税で年金を受け取れる商品も存在する!